info

2019/08/03

Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.12開催のお知らせ

20190821_132113081.jpg

【Serbian Night @Shibuya Colabo Cafe】

Date: 26th. Aug. 2019 (Mon) 19:30-22:00
Price:6,500 yen ( without rakija and wine 5,000 yen)
Place: Colabo Cafe ShibuyaMAP
   B1F Aoyama Dai Bldg. 2-9-10 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo

---------------------------------------------------------------
日時:2019年8月26日㈪ 19:30-22:00

場所:コラボカフェ渋谷 渋谷区渋谷2丁目9−10 青山台ビル B1F

会費:6,500円(ノンアルコールは5,000円)

会場アクセス:渋谷駅より徒歩7分。地図URL
イタリア旅行会社(Tutta Italia・トゥッタ・イタリア)の隣、青山台ビルの階段を地下へ降りてください。つけ麺屋の奥、通路つきあたりです。

---------------------------------------------------------------

◆メニュー(Ticket needed / チケット制):

Ajvar / ロースとパプリカのスプレッド

 Paprika sa sirom / パプリカとチーズのグリル

・Pohovane tikvice / ズッキーニのフライ

Ražnjići od svinjskog mesa / 豚肉と野菜の串焼き

 

※リンクのPeatixチケットサイトよりご予約ください。

---------------------------------------------------------------
Rakija / Serbian Brandy (ラキヤ)
Vino / Wine (ワイン赤白)
---------------------------------------------------------------

◆Bezalkoholno Piće / ソフトドリンク

Domać voćni sirup / 自家製フルーツエード
Prirodni čaj / セルビア産ハーブティ (ハイビスカス、ラベンダー、カモミール)
Domaća kafa / トルココーヒー

お申し込み先:Peatixチケットサイト
イベント詳細:Facebook イベントページ

2019/07/28

【blog】2019年7月 プライベート・シェフ出張 を追加しました

20190722_180734642.jpg

プライベートなお祝いパーティにセルビア料理のフルコースを、と、ご依頼をいただきました。

親友はすでに逝ってしまっているので、学生時代からのご友人と喜びをともにわかちあう席はとても眩しく、幸せのおすそ分けで胸がいっぱいになりました。ありがとうございます。

 

下見に向かった会場は、古民家を改造した貸しスペース。落ち着いた佇まいと光あふれる空間が心が弾みます。

はじめての場所で出張料理を行う際は、事前に会場でテーブルの大きさ、配置プランなどを打合せ、調理と後片づけを含めた使用可能時間、鍵の取り扱いなどを確認。

キッチンではオーブン、冷凍冷蔵庫の有無や、コンロの数と種類(ガスまたはIH)、ゴミの処理方法、食器、グラスの有無、数、大きさなどを確認。

そのうえでメニュー案を作成し、主催者様に見積書を提出しています。

 

今回は、セルビアワインを中心に飲み物をお持ちいただき、そのほかはお任せというご依頼だったので、味と彩りのバランスを考えメニューをメニューを作成しました。

 

続きはリンクのブログで

2019/07/11

【blog】セルビア×二木屋~セルビアのワインとデザート&鹿児島牛を愉しむ会 を追加しました

IMG_6630.jpg

 

年の初めから準備を重ねていいた「セルビア×二木屋~セルビアのワインとデザート&鹿児島牛を愉しむ~会」も6月28日に無事終了。ご参加のみなさま、関係者の皆さま、ありがとうございました。

この会の主役はセルビアワイン。生産量の95%が国内消費ということもあり、日本ではまだあまり知られていませんが、フランスのボルドー地方、ローヌ地方とほぼ同じ緯度に位置するセルビアでは、ローマ帝国の繁栄とともに紀元200年頃からワインがつくられていました。

中世のオスマン帝国領時代には、アルコール飲料を禁じるイスラム教の戒律によりワインの生産はほぼ途絶えかかりましたが、19世紀にセルビア王国として独立を果たすとワイン産業は黄金期を迎え、1912年に沈没したタイタニック号のワインリストにも北部地域で生産されたBernetというデザートワインが載せられていたそうです。

第二次世界大戦と、それに続く共産主義体制によりワイン産業は再び衰退しましたが、ドナウ川がもたらす温暖な気候と品質重視の生産者により現在では世界15位の生産量(栽培面積69,000ha)を誇り、プロクパッツやヴラナックなど土着品種の生産が盛んです。(出典:ワインの世界地図)

主催の株式会社Makoto Investments では、 日本では入手困難なセルビアワインを輸入、販売されており、セルビアンナイトでもイヴァノビッチワイナリーをハウスワインとして提供しているご縁で、今回デザートとソフトドリンクを担当させていただきました。

(中略)

この会で紹介したワインは王家御用達の高級品ですが、1900年もの長い歴史に育まれたワインづくりは現在も人びとの生活に根づいています。セルビアちゃんねるの動画では「今日は白ワインをつくります」と言って、自動車のバックシートからブドウを荷下ろししてガレージへ。国内消費の一旦を担う自家醸造は、日本で例えるなら、「手前味噌」のような位置づけでしょうか。

ワイナリーツアーにも行かねばね。

詳細はリンクのブログにて

2019/07/08

Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.11 開催のお知らせ

20190708_123156368.jpg

【Serbian Night @Shibuya Colabo Cafe】

Date: 7th. Aug. 2019 (Wed) 19:30-22:00
Price:6,500 yen ( without rakija and wine 5,000 yen)
Place: Colabo Cafe ShibuyaMAP
   B1F Aoyama Dai Bldg. 2-9-10 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo

---------------------------------------------------------------
日時:2019年8月7日㈬ 19:30-22:00

場所:コラボカフェ渋谷 渋谷区渋谷2丁目9−10 青山台ビル B1F

会費:6,500円(ノンアルコールは5,000円)

会場アクセス:渋谷駅より徒歩7分。地図URL
イタリア旅行会社(Tutta Italia・トゥッタ・イタリア)の隣、青山台ビルの階段を地下へ降りてください。つけ麺屋の奥、通路つきあたりです。

---------------------------------------------------------------

◆メニュー(Ticket needed / チケット制):

Ajvar / パプリカペースト

Tzatziki Salad / ヨーグルトとニンニクのディップ

Leskovački Uštipci / レスコヴァッツ風肉だんご

Gobamoca / バルカンのチーズパイ

・デザート

Domaća kafa /  トルココーヒー

※リンクのPeatixチケットサイトよりご予約ください。

---------------------------------------------------------------
Rakija / Serbian Brandy (ラキヤ)
Vino / Wine (ワイン赤白)
---------------------------------------------------------------

◆Bezalkoholno Piće / ソフトドリンク

Domać voćni sirup / 自家製フルーツエード
Prirodni čaj / セルビア産ハーブティ (ハイビスカス、ラベンダー、カモミール)
Domaća kafa / トルココーヒー

お申し込み先:Peatixチケットサイト
イベント詳細:Facebook イベントページ

2019/07/03

【blog】映画『鉄道運転士の花束』を追加しました

640.jpg

ひと足早く『鉄道運転士の花束』を観る機会に恵まれました。

『アンダーグラウンド』で主役のひとりCrni (クロ)を演じだラザル・リトフスキーが主役の鉄道運転士に扮し、運行中の事故による無実の殺人がテーマという情報に、エキセントリックなブラックコメディを予想していましたが、そんなことはなかった。

 

少し変わった家族愛の物語。主人公は日本の昭和のお父さんのように、愛情オンチ。息子の成長を不器用に見守りつつ、亡き妻の面影を忘れられない。でも、老いたりとはいえ、ちゃんとカノジョは居るのだ。おいおい。たしかに色気のあるダンディなオジサマで、そのへん、ラテン系(笑)

底にセルビアらしいクレイジーさや影をひそめながら、職場の仲間たちとの日常が淡々と静かに描かれます。

 

時に冷徹なプロフェッショナルリズムと、墓前に供える花を育てる気遣いと。

うん、人間って、こんなふうに矛盾に満ちているよね。と、人生を肯定してくれるような作品でした。

予告編と上映情報はリンクのブログにて

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...