info / お知らせ

2020/05/13

【web shop】『オシム: ゲームという名の人生』入荷のお知らせ

【web shop】『オシム: ゲームという名の人生』入荷のお知らせ

この本の取材を受ける中で、サッカー人生で一番うれしかった時を思い出した。それは14歳の時にジュリェズニチャルのユースに入団が認められ、すべての試合を無料で見られるシーズンチケットをもらったときのことだ。ああ、これで警備員や警察官の監視の目をごまかして観客席にもぐり込む必要がなくなったのだと、自分が世界で一番幸福な少年だと感じたものだ。その当時は自分のプレーより、ジューリョ(ジュリェズニチャルの愛称)の勝ち負けの方に関心があった。プレイヤーというより熱心なサポーターだった。(「ごあいさつー日本語版に寄せて イビツァ・オシム」より)

 

日本と出版事情がまったく異なるボスニアでは、存命中の人物の伝記が出版されることはほとんどありません。この本の出版そのものが、オシムさんがボスニアの人びとから、いかに尊敬を集めているかを示しています。(中略)著者のマルコ・トマシュは詩人で、現在はボスニア南部のモスタル市に住んでいます。少年時代はプロを目指していたほどのサッカー好きで、地元の「ベレジュ・モスタル」がひいきチーム。このチームはじつはオシムさんの古巣「ジュリェズニチャル・サラエボ」(鉄道員という意味)とはライバル関係にあり、そういう角度からの、普通のスポーツ・ライターならばありえない突っ込み方も読んでいて面白い。本業が詩と文芸評論で、スポーツ専門でないことがかえって新鮮な感じす。へー、そんなことがあったのか?という新発見の多い、楽しい翻訳作業でした。(「イビツァ・オシムの伝説-訳者あとがきに代えて 千田善」より)

 

著者紹介 :

トマシュ,マルコ Marko Tomaš

1978年スロベニア生まれ。ボスニア・ヘルツェゴビナの詩人・スポーツジャーナリスト。総合雑誌「コラプス」発起人。詩集を10冊刊行。インターネットマガジン「ジャーナル」で批評活動。「カウチ・セレクトル」のコーナーなどに執筆。父親が転勤族でスロベニア、セルビア、クロアチアなど旧ユーゴスラビアの各地で暮らした経験から、多民族国家についての独特の視点を持つ。サッカークラブ「ベレジュ・モスタル」の大ファン。

 

千田善(ちだ・ぜん)

1958年岩手県生まれ。国際ジャーナリスト、通訳。ベオグラード大学政治学部大学院中退(国際政治専攻)。外務省研修所、一橋大、中央大、放送大学などの講師を歴任。2006年よりサッカー日本代表イビツァ・オシム監督の通訳を務める。2012年より立教大講師。著書に『ユーゴ紛争―多民族・モザイク国家の悲劇』(講談社現代新書)、『ユーゴ紛争はなぜ長期化したか』(勁草書房)、『ワールドカップの世界史』(みすず書房)、『オシムの伝言』(同)、『オシムの戦術』(中央公論新社)など。テレビ朝日系『徹子の部屋』に出演したことがあるのが自慢。

 

目次:

ごあいさつー日本語版に寄せて イビツァ・オシム

オシムに会う

サッカーが世界を変えた日

伝説の人物

日本からの悪い知らせ

イワンの子ども時代

グルバビッツァのシュトラウス

ペレと同じピッチに

フランスでの8年間

天上の芝生

夢のシーズン

満員のプラーターで

ユーゴスラビア最後の大統領

マラドーナ!

ボールは剣よりも強し

付記―僕のサッカー人生

旧ユーゴスラビアの地図

オシム略年譜

イビツァ・オシムの伝説-訳者あとがきに代えて 千田善

 

ご注文はこちらから

2020/04/26

【web shop】『クリミア発女性専用寝台列車』入荷のお知らせ

【web shop】『クリミア発女性専用寝台列車』入荷のお知らせ

日本に帰化したセルビア人の高橋ブランカさんは頭脳明晰。早口で、理路整然と話される訛りのない日本語そのままの文体は、それでも異文化からの視点、論点を感じさせ、パラレルワールドに迷い込んだような錯覚を感じます。

 

【セルビア文学の新星、満を持しての第二短篇集】

フェミニズムについて、言葉遣いについて、忙しすぎる女性について、ご近所間の気遣いについて……現代女性にとって身近なテーマの核心を掴み取り、豊かな日本語の表現力で淀みなく描き尽くす鮮やかな6篇。

 

著者紹介 :

高橋ブランカ (たかはし ぶらんか)

作家、翻訳家、写真家、舞台女優

1970年旧ユーゴスラヴィア生まれ。1993年ベオグラード大学日本語学科卒業。1995年来日。1998年日本に帰化。1998年~2009年、夫の勤務で在外生活(ベラルーシ、ドイツ、ロシア)。2009年から東京在住。著書「最初の37」(2008年、ロシアで出版)、「月の物語」(2015年、セルビアで出版、クラーリェヴォ作家クラブ賞受賞)、『東京まで、セルビア』(未知谷)。

 

目次:

ピカソで夕食を

日々 些か単純に描かれたある女性の人生

隣人たち

繊細な男

わが老後のマリアンナ

クリミア発女性専用寝台列車

あとがき

ご注文はこちらから

 

2020/04/26

【web shop】『バルカンを知るための66章【第2版】』入荷のお知らせ

【web shop】『バルカンを知るための66章【第2版】』入荷のお知らせ

混乱と紛争の絶えなかった激動のバルカン。だが、この地には多くの民族が集まり、豊かな歴史と文化を育んできた。いま、EUへの統合と、中東からの難民の通り道となっている「地域としてのバルカン」の共通性と多様性を紹介し、今後の「共生の地」を考える。

 

「9部から構成されている目次を見るとわかるとおり、本書はバルカンにある現在の8ヵ国を一国づつ知るための体裁をとっていない。19世紀以降、現在までに建国されたバルカンを個別に知ることは重要ではあるが、近代の産物である国民国家に捕らわれすぎてしまうと各国の個別性ばかりに目が向いてしまい、バルカン地域に共通するものが見えなくなる危険性があるからだ。そこで、本書を編集する際の方針として①国別のトピックスの束にしないこと②地域としてのバルカンに共通する面を積極的に描くこと③比較の視点を重視することの3点をあげ、これらのことを執筆者全員の共通事項として確認することにした。特に、第Ⅰ部の「歴史から」、第Ⅱ部の「都市めぐり」、第Ⅲ部の「民族を超える、国を超える」ではこれらの点を十分に考慮して執筆いただいたが、それが成功しているかどうかは読者の判断に委ねたいと思う。(はじめに より)」

 

目次:

はじめに

Ⅰ 歴史から

神話化される中世バルカン王国――生き続けるナショナリズム/歴史と口承文芸――今に生きるコソヴォ史観/ドラキュラのふるさと――ヴラド串刺公と吸血鬼伝説/柔らかな専制――オスマン帝国の統治と宗教/地方の名望家アーヤーン――バルカンの地域権力体現者/匪賊のネットワーク――クレフテスの理想と現実/「東方問題」とバルカン――国際関係の中の独立運動/「マケドニアに自治を」――VMROとイリンデン蜂起/オスマンの遺産をめぐって――バルカン戦争/さまざまな人の移動――バルカンにおける移民・難民/バルカン連邦構想の系譜――相克を超える協調の動き/抵抗運動の中の内戦――バルカンにおける第二次世界大戦/ギリシア内戦と冷戦――西側陣営の「飛び地」ギリシア/庶民の知恵「居酒屋政治」――社会主義と小話/ユーゴスラヴィア紛争と暴力――なお残る火種/ 

Ⅱ 都市めぐり

ユダヤ人の町――テッサロニキとサラエヴォ/世界遺産の中世都市――ドゥブロヴニクとコトル/バルカンの中の「ヨーロッパ」――ケルキラとコルチュラ/「継続」と「断絶」と――ベオグラードとザグレブ/西方に開かれた歴史ある都市――ドゥラスとシュコダル/巡礼地――オフリドとメジュゴーリェ/バルカンにおける中欧的都市――ブラショヴとノヴィサド/ドナウ下流の二国の中心都市――ブカレストとソフィア/民族を超える、国を超える/民族の対立は伝統か?――ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/重なりあう「民族の故地」――コソヴォ/コソヴァ/諸民族が錯綜して織なす歴史の地――トランシルヴァニア/ドナウ川の恵みを受ける多民族の平原――ヴォイヴォディナ/失われつつある多民族性と地域性――ダルマツィアの変貌/ナショナリズムへの抵抗――イストリアの挑戦/領土拡大の野心が交錯する地域――近代マケドニア/国境を越える架け橋を目指して――バトナ/深淵なる森に覆われた秘境の地――ブコヴィナ/黒海沿岸の文明の十字路――ドブロジャ

Ⅳ 暮らしと社会

家族とザドルガ――バルカンを貫く家父長制/ジェンダーから見る社会――体制の変化が男と女に与える影響/「伝承」の継承者――バルカン農民のイメージ/羊飼いの暮らし――移動する人びとと近代国家/クムとクムストヴォ――血を超える絆/ギリシア移民の歴史と現在――ディアスポラ/自然と折り合い自由を謳歌する人びと――ロマの天地/ドナウ・デルタに暮らす人びと――漁労の民リポヴァン人はスラヴ系旧教徒/聖山アトスと修道士――神と暮らす男たち/さまざまなムスリムの暮らし――地域社会の中の共生/

Ⅴ フォークロア

春が訪れる3月――マルツィショールとマルテニツァ/結婚式と葬式――輪舞と泣き歌/スラーヴァと「名の日」――聖者と祝祭/遊び――儀礼の中の遊戯、日常の遊び/結婚儀礼と悪魔払いの舞踊カルシュバルカンの踊り

Ⅵ言葉

ギリシア語の二つのかたち――ディモティキとカサレヴサ/アルバニア語、ルーマニア語と文字改革――500年にわたる「文字の旅路」/セルビア・クロアチア語の生成と解体――「ユーゴスラヴィア」の運命とともに/バルカニズムの謎――文法共通性はどこからきたか/

Ⅶ 食文化

東西文明の十字路で――麦と米の物語/おやじの味、おふくろの味――肉料理/お国自慢の赤と白――ワイン/村びとの酒――ワインとラキア/カップから香る歴史と未来――コーヒー

 Ⅷ 文化とスポーツ

「世界文学」としてのバルカン文学――エリアーデ、パヴィチ、カダレ/イコンから歴史画へ――神中心から人間中心へ/民族を超える音楽――旧ユーゴスラヴィアのポップスとロック/クストリッツァとアンゲロプロス――他者イメージの投影場所としてのバルカン/バルカン・サッカー今昔物語――東欧革命がサッカー界にもたらしたもの

Ⅸ 世界の中で

ヨーロッパ統合とバルカン――取り残される「西バルカン」/歴史教育から見た和解の試み――国民史を超えられるか/日本とバルカン――「人間の安全保障」の考えを生かして/2015年難民危機とバルカン諸国――21世紀の人の移動

 

主要参考文献

ご注文はこちらから

2020/04/25

【web shop】『若き日の哀しみ』入荷のお知らせ

【web shop】『若き日の哀しみ』入荷のお知らせ

【小川洋子氏絶賛!!】

旧ユーゴスラビア出身の作家ダニロ・キシュの連作短編集です。子供時代のダニロ・キシュを描いているので、まずは本の巻末に掲載されている「解説」から読むことでより作品を感じることができます。1935年、ユダヤ人の父、モンテネグロ人の母の間に生まれたキシュ。第二次大戦中、父はアウシュビッツに送られ、ダニロ少年は母と姉とともに、父の故郷であるハンガリーの田舎で農家の手伝いをしながら終戦を迎えます。しかし父は帰らぬ人となってしまうのです。「若き日の哀しみ」には、作者の少年時代の記憶が、断続的な絵のように描かれています。

詩のように綴られた作品「若き日の哀しみ」。ダニロ・キシュの想いを私達が感じることが出来るのも、すばらしい翻訳があるからです。この作品を担当された山崎佳代子さん。1979年、23歳の時にサラエボ大学に留学されその後、結婚。3人の男の子を育てながらユーゴスラビア文学の研究と翻訳を手がけ、さらにご自身でも詩人として作品を作られています。ユーゴスラビア紛争でベオグラードがNATO軍による空爆を受けた時にも、逃げ出すことなく家族とともにこの町に踏みとどまり、現在、ベオグラード大学の教授として日本語と日本文学を教えられています。ユーゴスラビア文学の心を知り、詩人でもある山崎佳代子さんだからこそ、ダニロ・キシュの世界を表現することができたのです。(小川洋子さんがパーソナリティをつとめる「パナソニック メロディアス ライブラリー」より)

 

著者紹介 :

ダニロ・キシュ Danilo Kis

1935年、ユーゴスラビア、スポティツァ市に生まれる。第二次世界大戦中ユダヤ人であった父は強制収容所に送られ帰らぬ人となる。ベオグラード大学比較文学科を卒業後、作家活動に。同時にロートレアモン、エセーニンなどの詩作品の翻訳も始める。セルビア・クロアチア語及び文学の講師としてフランス各地で教鞭を取り、1979年にパリに移り住む。1989年、同地に死す。作品は二十以上の言語に翻訳され、国内はもとより、仏、伊、独、米などの数々の賞を受賞。本書は大戦中の家族を自叙伝的に扱った家族三部の第一作。三部作以外にも『ボリス・ダビドビッチの墓』『死者の百科事典』などがある。

 

訳者紹介:

山崎佳代子(やまざき・かよこ)

1956年生まれ、静岡に育つ。北海道大学ロシア語学科卒業後、サラエボ大学に留学、ユーゴスラビア文学史を学び、2003年にベオグラード大学文学部で博士号を取得。現在同大学文学部教授。ベオグラード在住。著書に『解体ユーゴスラビア』『パンと野いちご 戦火のセルビア、食物の記憶』他、詩集に『そこから青い闇がささやき』、『みをはやみ』他、訳書にダニロ・キシュ『死者の百科事典』他がある。

 

目次:

  秋になって、風が吹きはじめると

  マロニエの通り

  遊び

  略奪 

  顔が赤くなる話

  セレナード、アンナのために

  野原、秋

  婚約者

  陽の当たる城

  野原

  虱とり

  きのこの話

  猫

  梨

  馬

  遠くから来た男 

  ビロードのアルバムから

  少年と犬

   口をきく犬 手紙 返信

  風神の竪琴

  

  ユーゴスラビアの作家、ダニロ・キシュ『若き日の哀しみ』・・・・山崎佳代子

  ダニロ・キシュと山崎佳代子・・・沼野充義

 

ご注文はこちらから

2020/04/24

【web shop】『人情ヨーロッパ 人生、ゆるして、ゆるされて』入荷のお知らせ

【web shop】『人情ヨーロッパ 人生、ゆるして、ゆるされて』入荷のお知らせ

濃い! とにかく濃い!!一冊。

 「今まで、西欧、北欧、東欧の国々を巡ってきたけれど、旧ユーゴの国々に住む人たちの雰囲気は、群を抜いて人間くさく、親しみやすいなぁと思う。スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと、旧ユーゴの国を旅して感じたのは、ソ連側の東側諸国(共産圏)だったチェコやハンガリー人とは、人の雰囲気がまるで違うということだった。相互扶助の精神がある東側諸国も人は親切なのだが、基本ぶっきらぼうで愛想がなかったからなのだ。

 ユーゴスラビアはチトーの方針で、西側諸国とも東側諸国とも一線を画した独自路線を歩んだおかげで、他のヨーロッパとは一味違う、独特の雰囲気があるんだろう。ユーゴは多大な犠牲を払って解体してしまったものの、人類は進歩の途上にあるのだから、いろんなことを試して、人類にとってベストの道を探ってゆくほかはない。何よりユーゴスラビアという国があったおかげで、個性的な国々を旅できたことは、旅人冥利につきることだったのだ。(本文より)」

 

【紀行エッセイシリーズ50万部突破!】

ウルトラディープな未知の世界!

下町が舞台のドラマに出てくるような人情深い人たち

『ガンジス河でバタフライ』の著者、初めてのヨーロッパ周遊旅。

 自分自身をゆるし、ゆるせなかった人達をゆるした!

 

「人生最大の冒険」に出るつもりで、18年勤めた会社を辞め、

欧州21ヵ国をめぐる、2ヵ月・15000キロの鉄道旅に出た、てるこ。

一見、超しかめっ面で無愛想なのに、意外や意外!下町が舞台のドラマに出てくるような、めちゃめちゃ人情深いヨーロッパの人たち。

クールな音楽家のねえちゃんの家に泊まらせてもらって吞み明かし、28m下(!)の川へのダイブを熱血指導してくれた師匠と笑い、語り明かすうち、心の奥底にあった怒りや憎しみが溶けてゆく、究極の毒出し旅!生きるのがラクになる! 抱腹絶倒ヒーリング紀行エッセイ〈中欧&東欧編〉。

 

著者略歴:

たかのてるこ

地球の広報・旅人・エッセイスト

「世界中の人と仲良くなれる!」と信じ、60ヵ国を駆ける旅人。映画会社・東映で18年間、TVプロデューサーを務め、2011年に独立。

ベストセラーとなった『ガンジス川でバタフライ』は、旅立つ老若男女の”旅のバイブル”として、ドラマ化もされ話題に。『モロッコで断食』『ダライ・ラマに恋して』『キューバでアミーゴ!』『ジプシーにようこそ!旅バカOL,会社卒業を決めた旅』(すべて幻冬舎文庫)、『淀川でバタフライ』(講談社文庫)、『ど・スピリチャル日本旅』(幻冬舎)など、著書多数。

日本&世界の人々の魅力を伝える、ラブ&ピースな”地球の広報”として、執筆、全国での講演、テレビ、ラジオ、大学講師など幅広く活躍中。

 

目次:

はじめに

人生 怒涛の”初体験”づくし

①スイス★インターラーケン  決死!肉体派メンズと「急流キャニオニング」

②チェコ★プラハ  欧州砂漠で発見!「日本人経営のオアシス宿」

③ハンガリー★ヘーヴィース  鳥や魚と混浴!「世界最大の温泉湖」で、いい湯だな~♪

④スウェーデン★ストックホルム  豪快!「手づかみザリガニ宴会」with LiLiCoちゃん

 

ゆるして 「旅至上主義」の”心の筋トレ”

⑤オーストリア★ウィーン  「厳粛なクラシックコンサート」で手拍子&大爆笑

⑥スロベニア★リュブリャナ  トロッコ列車でGo!「巨大鍾乳洞」を探検

⑦クロアチア★ドブロヴニク  「理想の男と夢のデート」VS「カサノバ男のSEX」の誘惑

 

ゆるされて ”因縁のヨーロッパ”との和解

⑧ボスニア★モスタル  “ダイビング鬼コーチ”と語り明かし「人生最大のデトックス」

⑨セルビア★ベオグラード  「世界一のパーティシティ」女子会で、因縁のヨーロッパと和解

⑩ブルガリア★ソフィア  「ド派手な宿坊」で、金髪美女から”恋の悩み相談”

⑪トルコ★イスタンブール   驚愕! 「宮殿サウナ」のアカスリ師、”旅アカ”に悶絶

おわりに

 

ご注文はこちらから

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...