info / お知らせ

2020/06/20

【web shop】再入荷のお知らせ『誰ともかぶらないバルカンのあるき方!』

【web shop】再入荷のお知らせ『誰ともかぶらないバルカンのあるき方!』

現地でお世話になった人たちに恩返しをしたい、という志を持ち、クラウドファンディングプロジェクト「誰ともかぶらない中欧の国セルビアの歩き方の冊子を作りたい!」を達成のうえ完成したガイドブック。

 

「セルビア人の友人がセルビアというキーワードでインターネットを検索すると、上位に上がってくるのは虐殺と紛争の記事ばかりだといった。セルビアに限らず、バルカン半島の国々を検索すれば、同じ様な結果が上がってくるのだろう。

この半島はバルカンの火薬庫と呼ばれ、1914年に第一次世界大戦のきっかけとなった。その後、七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言葉、三つの宗教、二つの文字、一つの国家ユーゴスラビアが現れ消滅する。

2018年1月15日、日本から安倍首相がセルビアを訪れた際にブーチッチ大統領は語った。「20世紀は戦争の犠牲になった年だった。21世紀は戦争のない世紀にしたい」と。(はじめに より)」


著者略歴:

吉開裕子(よしかい・ゆうこ)

音楽家

セルビアのバルカンブラスバンドに魅了され2015年に初めてセルビアへ渡航。「トランペットを吹き鳴らせ!セルビア・マケドニア ジプシー音楽修行記」を共栄書房より出版。2016年、2017年とセルビアに留まらず、バルカン半島を一周。音楽、文化、多くの人々に出会い、バルカン半島の今の声を伝えるべく活動中。

 

目次等、詳細とご注文はこちらから

2020/06/19

【web shop】新商品のお知らせ『バルカンの花、コーカサスの虹』

【web shop】新商品のお知らせ『バルカンの花、コーカサスの虹』

さあ、また旅に出ようか

ユーゴスラビア紛争の傷が癒 えないボスニア・ヘルツェゴビナ、謎の国アルバニアなどバルカンの国々と、美しいコーカサス山脈の南にあるアゼルバイジャン、グルジア、アルメニアをめぐる蔵前仁一の最新旅行記

--------------------------------------

バルカンとコーカサスへ 蔵前仁一

この本は、僕が旅をしたバルカン諸国と南コーカサスの旅行記である。

バルカン諸国は東ローマ帝国とオスマン帝国の支配下にあった歴史があり、南コーカサスの国々もまた同じようにセルジュク朝やオスマン帝国、あるいは東ローマ帝国の支配下に入った歴史を持つ。だから、これらの地域のほとんどはイスラームと東方正教の世界だ。

そして、ギリシャを除いて冷戦時に社会主義国でもあった。冷戦構造が終結してから20年以上たつが、これらの地域が社会主義から市場経済へと移行すると、コーカサスの国々の中からはロシア離れが進んでヨーロッパに接近しようとする国も現れる。バルカン諸国ではユーゴスラビア紛争を経てEU加盟を果たす国も現れた。

僕はこれまでおもにアジア、中東、アフリカなどを旅してきたが、ずっとこういったところを旅できないでいた。南コーカサスは長らくソ連邦の一員で旅ができなかった。旅ができるようになったのは、ソ連が崩壊した1990年以降である。それからこの地域では紛争が続き、すぐに旅ができるという状況になかった。そして、バルカン諸国ではご存知のようにユーゴスラビア紛争が起きた。

はたして、コーカサスの国々とはいったいどういうところなのか、そしてユーゴ紛争後のバルカン諸国はどうなっているか。本書をお読みいただければと思う。

 

著者略歴:

蔵前仁一(くらまえ・じんいち)

作家、グラフィック・デザイナー、編集者。1956年鹿児島県生まれ。慶応大学法学部政治学科卒。1980年代からアジアを中心に世界各国へ旅をする。1995年に有限会社旅行人を設立し、旅行雑誌、ガイドブックなどを発行する

 

目次等、詳細とご注文はこちらから

 

2020/06/18

【web Shop】新商品のお知らせ「麻100% ”en×mask”」レッド×ネイビー

【web Shop】新商品のお知らせ「麻100% ”en×mask”」レッド×ネイビー

人気の【麻100%】en×maskに新色登場

木製ビーズで留める赤いストラップに、マスク面は赤と青のリバーシブル。

夏日にやさしい麻の爽やかな肌触り。お食事などで外す必要のある時は置き場が悩みの種ですが、このen×マスクならば、麻ひものストラップで首から下げておけば、邪魔になりません。

 

在庫切れをしていたピンク×ネイビー、白、ブルーもあわせて入荷しました

Lサイズは男性、Mサイズは女性にお勧めです。

ご注文はこちらから

2020/06/17

【web shop】新商品のお知らせ『夫婦で行くバルカンの国々』

【web shop】新商品のお知らせ『夫婦で行くバルカンの国々』

クロアチアはじめ、バルカン半島には美しい国がいっぱい。たとえば、香水用バラの産地ブルガリア、中世の伝統が息づくルーマニア、絶景の穴場リゾートのモンテネグロなど。著者夫妻は、効率よく移動するためツアーを利用し、名所巡りの合間にカフェの昼ビールで小休止。ふたりが3回に分けて訪れたマケドニアからギリシアまで計10か国をふりかえる。“夫婦で行く”旅シリーズ第三弾。文庫オリジナル。

 

著者略歴:

清水義範(しみず・よしのり)

1947年10月28日名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。81年『昭和御前試合』でデビュー。88年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。奇抜な発想とユーモアを駆使した小説やエッセイを次々と発表。著作多数

 

目次等、詳細とご注文はこちらから

2020/06/16

【web shop】「お召し上がり方」を掲載しました「セルビア産アイバル(スパイシー)」

【web shop】「お召し上がり方」を掲載しました「セルビア産アイバル(スパイシー)」

スパイシー味のアイバルは、パプリカと唐辛子の風味が絶妙。

旧ユーゴスラヴィア圏で愛されるアイバルは「しっかりパプリカをメインで味わう」レシピ。ヨーロッパでは「セルビアの(畑の)キャビア」とも呼ばれ、食卓に欠かせないアイテムです。

アジア料理のエスニックテイストとの組み合わせもお勧めです。


お召し上がり方、ご注文方法は、

こちらの商品ページでご確認ください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...