info/お知らせ

2021/02/07

【online shop】新商品のお知らせ 木製パズル(キリル文字アルファベット・AZBUKA)

【online shop】新商品のお知らせ 木製パズル(キリル文字アルファベット・AZBUKA)

 セルビア語とクロアチア語は、「セルビア/クロアチア語」と表記されることもある双子のような言語ですが、大きな違いのひとつが文字。

クロアチアでは、もっぱら「ラテン文字(Latin)」と呼ばれる、英語などに代表される日本人にも親しみがある形の文字(厳密に言えば、č や、đ、žなど、あれっ?と見慣れぬ文字も含まれますが)を用い、セルビアでは「キリル文字(Cyrillic)」と呼ばれる、ロシア語などに代表される日本人には馴染みのうすい文字も併用します。

 

見慣れぬ文字は、おぼえることが難しい。

ふたつの文字のうち、公的な文章に使われる「キリル文字」でが主で、「ラテン文字」が従であることも、セルビアの情報に近づくハードルになっています。

日本在住のセルビア人に泣きつくと「何も難しいことはないよ。日本には漢字だってあるし、もっと難しいじゃない?」と返ってきます。

 

そうか、「ひらがな」と「カタカナ」の位置づけのようなものと思えばいいのか。。。。

「ラテン文字」にはじめて触れた子ども時代にかえり、身体で覚えれば浸み込みやすいのかもしれません。

こちらの木製パズルは、本来は幼児向けですが、そんな大人の語学学習にもぴったりです。


ご注文と詳細ははリンクの商品ページから

2021/01/23

【about/会社概要】『Serbian Night開催履歴』および『主な出張料理等』『掲載報告』の実績を追加しました

【about/会社概要】

【about/会社概要】ページに、『Serbian Night(セルビアンナイト)開催履歴』および『主な出張料理等』『掲載報告』の実績を追加しました。

実績ページ上の各イベントは、それぞれの報告ブログへリンクしていますので、そちらで当日の写真やメニュー等の詳細もご覧いただくことが可能です。

実績ページへはこちらのリンクから

2021/01/13

【online shop】新商品のお知らせ 民族舞踊(KOLO)キーフック(白・黒)

【新商品のお知らせ】民族舞踊(KOLO)キーフック(白・黒)

さまざまな変化により、いままでよりも家の中で過ごす時間が増えた生活。ほっと寛げるインテリアに模様替えをしたい。と考えていらっしゃる方も多いのでは。お部屋づくりのアイテムに、こんなキーフックを加えてはいかがでしょう。

こちらのキーフックは、セルビアの民族舞踊(KOLO)を踊る男女のシルエット。KOLOは隣り合う(または隣の隣)相手と手をつなぎいで踊る輪舞です。アメリカ経由で日本にも紹介されたフォークダンスの「マイムマイム」もそのひとつ、というと何となくイメージがわくのではないでしょうか。

シルエットを眺めて民族音楽を流せば、妄想旅行の準備のはじまり。吊るした鍵も、ホテルのドアの鍵のように思えてくるかもしれません。

ご注文と詳細はリンクの商品ページから(

 

 

2021/01/08

【online shop】新商品のお知らせ ジェズヴァ(Džezva)トルココーヒー鍋

【online shop】新商品のお知らせ ジェズヴァ(Džezva)トルココーヒー鍋

セルビアの昔ながらのコーヒーはドマチャ・カファ(Domaća kafa)。日本語で自家製コーヒーという意味のトルコスタイルのコーヒーです。

砂糖を入れる入れない、入れるタイミング(沸かしながら/飲むとき)などは、地域により違うそうですが、小ぶりのデミタスカップに、ラトゥルク(ロクム)など、小さなお菓子が添えて出されるのが定番です。

 Domaća kafa(ドマチャ・カファ) / トルココーヒー

淹れ方は、"ジャズヴァ"と呼ばれるこの鍋に湯を沸かし、細かく挽いたコーヒーを直接入れて煮だし、上澄みをカップに注ぎます。

胴がくびれた深めの構造が、加熱時の吹きこぼれや、粉をせき止めるのに役立ちます。

 

コーヒーを淹れる以外にも使い勝手が上々。

牛乳で煮出すミルクティーやチャイも、口が広がったミルクパンで沸かした時よりも吹きこぼれにくく、こぼれたとしても被害は少なめ。

すこしだけお湯を沸かすときにも便利で、カップラーメンのお湯や、卵をひとつだけ茹でたいとき、お弁当の調理などにもお勧めです。

 

ご注文と詳細はリンクの商品ページから(1杯用2杯用

2021/01/07

【online shop】新商品のお知らせ 手刺繍ウール手袋(黒)

 【online shop】新商品のお知らせ 手刺繍ウール手袋(赤)

ユリウス暦で行事を祝う正教会では、今日がクリスマスです。SNSアカウントには、クリスマスメッセージがあふれています。

ちなみに、ユリウス暦の「ユリウス」は、ユリウス・カエサル。その時代からの暦が脈々と守られているんですね。

----+------

写真の手袋は、セルビア中西部の町、チャチャク(Čačak)でつくられた手袋です。

チャチャクの1月の平均気温は0.5℃。年間38日は雪。みっちり詰まった毛糸の網目が、冬の寒さから守ります。

甲にほどこされたバラの模様も、手刺繍ならではの、もりっとした針目で、ぬくもりたっぷり。

赤と黒二つ並べると可愛さ倍増。どちらにしようか悩みますね。


ご注文と詳細はリンクの商品ページから() 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...