info

2019/06/10

【blog】Serbian Night @渋谷コラボカフェ Vol.8 ★ セルビアにカンパイ! を追加しました

60344619_788360514892128_6823805088826392576_n.jpg

5月のSerbian Nightは、昨年秋からあたためていた企画が実現し、セルビアでシングルマザーや障碍者を支援する政府認定のアソシエーションを運営するGRAND SOCCOとの共同開催。この機会に、より多くのお客様に製品を見て、触って、代表の福嵜明美さんとお話iいただけるよう、前半の11:30からは出入り自由の展示販売&受注会。キャッシュオンでハーブティとお茶菓子のおもてなし。13:00からはご予約制のワイン付きランチコースでカファーナメニューをお召し上がりいただきました。

 

昨年10月にセルビア大使館で開催されたイベントで出会ったGRAND SOCCOのバッグやインテリアファブリックは、すべてセルビア人女性による手刺繍。

わたしも周囲の理解や支援と「手に職」のおかげで、シングルマザーで息子を育てられました。彼が成人したこれからは、恩返しとして支援する側にまわりたい。

商品の魅力はもちろんのこと、そんな気持ちも手伝い、ベオグラード在住の福嵜さんと連絡をとりながら準備を重ね、帰国にあわせての開催となりました。

続きはリンクのブログにて

2019/06/04

【blog】2015年9月 Golija(ゴリア山)Kajmak(カイマック)づくり体験

2015-09-22 224.JPG

カイマックは牛乳を分離させて沸かしてできたクリームの膜に塩をふって数日間熟成させた、天使のような悪魔のような魅惑のフレッシュチーズです。「イギリスのクロテッドクリームに似ているけれど、その100倍美味しい」と評する友人も。

セルビアで参加した牧場のワークショップでは、放牧ジャージー牛の初乳のもので、フレッシュなものも、少し寝かせたものもどちらも絶品の忘れられない味。

このためにセルビアに行ったんだ!というカイマックづくりのワークショップについて投稿していなかったので、遅ればせながら紹介いたします。

 

ワークショップのために訪れたのは、ベオグラードから車で4時間ほど南下したゴリア山地にある農園。帰国後に調べてみると、緯度は青森県と同じくらい。

標高は最も高いJankov Kamenという山が 1833 mだそうです。2001年に生物圏自然保護地域として登録され、豊かな農村風景は黄金色に揺れるトウモロコシを稲穂に、積まれた麦藁をはざ掛けに置き換えれば遠野や花巻とだぶって感じられました。

 

出迎えてくれたのは、この農園のミカさん。見渡す限り広がる農園で、遠くに見える点が放牧している牛たち。鶏舎も平飼い。食事は外で牧草をご自由に。写真を撮りそこねましたが、養蜂の巣箱もありました。

外見はスラブ系、大和民族と違いはあるけれど、お宅を訪問すると何はともあれまず「お茶っ子」でよもやま話がはじまるのは、日本の田舎とおんなじで。

スプーン1杯のスラトコ(フルーツのコンポート)で、まずは「はじめまして」のご挨拶。

岩手ならば「がんづき」が出てくるところですが、ここはセルビア。どこへ行っても間違いなく美味しいパイが出てきます。

セルビア語で交わされる会話を、わからないながらも聞きつつケーキを頬張り、内心じりじりとしながらワークショップがはじまるのを待つ時間。

そして、お待ちかねのカイマックづくり体験。


続きはリンクのブログで

2019/05/20

Serbian Night@渋谷コラボカフェVol.9 開催のお知らせ

20190520_114822287.jpg

【Serbian Night @Shibuya Colabo Cafe】

Date: 12th. June 2019 (Wed) 19:30-22:00
Price:6,000 yen ( without rakija and wine 5,000 yen)
Place: Colabo Cafe ShibuyaMAP
   B1F Aoyama Dai Bldg. 2-9-10 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo

---------------------------------------------------------------

会場アクセス:
渋谷区渋谷2丁目9−10 青山台ビル B1F
渋谷駅より徒歩7分。地図URL
イタリア旅行会社(Tutta Italia・トゥッタ・イタリア)の隣、青山台ビルの階段を地下へ降りてください。つけ麺屋の奥、通路つきあたりです。

---------------------------------------------------------------

◆メニュー(Reservation needed / 予約制):

・Ajvar / パプリカペースト

・Domaća Turšija / 自家製ピクルス

・Kajmak / カイマック

・Pljeskavica / 挽き肉のグリル

・Hleb / パン

・Poslatice / デザート

・Domaća kafa / Turkish Coffee トルココーヒー 


※リンクのPeatixチケットサイトよりご予約ください。

---------------------------------------------------------------
◆Rakija / Serbian Brandy (ラキヤ)
◆Vino / Wine (ワイン赤白)
---------------------------------------------------------------

◆Bezalkoholno Piće / ソフトドリンク

・Domać voćni sirup / 自家製フルーツエード
・Prirodni čaj / セルビア産ハーブティ (ハイビスカス、ラベンダー、カモミール)
・Domaća kafa / トルココーヒー

お申し込み先:Peatixチケットサイト
イベント詳細:Facebook イベントページ

2019/05/14

【works:blog】セルビアンダンスセミナー in NYC "Sviraj Kolo "DANCE WORKSHOP IN JAPAN 2019" 追加のお知らせ

20190513_192610555.jpg

きのうはセルビア民族舞踊「コロ」のセミナーに参加。

大使館のパーティなどで、たびたび披露される民族舞踊。

民族衣装を身にまとった舞踊団の踊りには、いつも見とれてしまいます。

 

来日公演にも何度か通い、プロの華麗な足さばきにも魅了され、地域ごとに異なる衣装や音楽の奥深さに触れました。

でも、それだけではどこかかほかの世界の出来事で、自分には関係ないと思っていたけれど、パーティーで食事と会話が落ちつくと参加者たちで自然とはじまるシンプルなステップ。

 

となりの人の手をとって、左、左、左、右。

 

大人になって手をつなぐって、なかかない。

はじめは尻込みしていたけれど、何度も目にしているうちにおずおずと加わりまして。

 

恥ずかしくても、ステップに集中しているうちにそれどころではなくなり、1曲終わるころには、輪になったみんなに一体感がうまれてる。

これは楽しいぞ。

 

ということで、今回はじめてダンスセミナーに参加。

 

セルビアから来日された男女ふたりの講師と、生のアコーディオン演奏によるBasic & Middleのクラス。

初心者でもできるよう、簡単なステップにしてくれているはずなのだけど。

いやー、汗かきました。

 

続きはリンクのブログにて

2019/05/12

【料理担当】園田あけみ 個展 ACO FACTORY Collection ~Wolrd Dishes~ レセプション

59870078_2185421424887018_3891190424001314816_n.jpg

日時:5月28日㈫〜6月2日㈰12:00〜19:00(最終日17:00まで)

場所:Gallery Cafe Jalona  港区赤坂2-6-22 デュオ・スカーラ赤坂Ⅱ B-102 東京メトロ千代田線赤坂駅 二番出口徒歩2分

 

53857787_2449172738435202_6667042197021392896_n.jpg 

 三年ぶりの個展は初のACO FACTORYの展示となります。

和食をメインに、イタリアンやセルビアンのミニチュアや鮎Barのジオラマなど立体作品を中心に、パステル画なども多数展示します。是非足をお運びください。

初日夕刻よりささやかなレセプションを開きます  ※場合によっては混雑します

・ Serbian Night の典子シェフによるセルビア料理のフィンガーフード

チェロとコントラバスの二重奏

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

また、L'atelier de F の野澤真理子さん(ケーキデザイナー)による美しいケーキのアート作品を数点展示して頂けることとなりました。

こちらも是非お楽しみにいらしてください。

 

【ACO FACTORY】

テーマは「食+笑顔」を手から手へ。

大切な人と一緒の時も、ひとりの時も「食」にはたくさんの愛が詰まっています。そんな毎日の幸せを形にして笑顔を届けたい、そう願って日々制作に励んでおります。

 

miniature artist & Illustrator 園田あけみ

小さい頃から絵を描いたり物を作ったりする事が大好きでした。ある日、イラストのモチーフをより生きた作品に、と、絵の世界から立体化を試みたところ、手に包み込める感覚に大きな感動を覚え、以後作画と同時に立体制作もスタートし、ACO FACTORY設立を機によりエレガントに具現化、イラストとグッズで作り出す独自の世界を展開しています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...