info

2019/01/23

ステッチが結ぶ世界~パレスチナ刺繍帯展~Serbian Night 開催のお知らせ

日時:2月18日(月)12:00-18:30 展示会(無料、申し込み不要)

          18:30-20:30 イベント① Serbian Night (会費制、事前申し込み制)

   2月19日(火)12:00-18:30 展示会(無料、申し込み不要)

          18:30-20:30 イベント② Oriental Night

         (ワイン キャッシュオン、申し込み不要)

   2月20日(水)12:00-18:30 展示会(無料、申し込み不要)

          18:30-20:30 イベント③ Ethiopian Night

         (会費制、事前申し込み制)

場所:南青山5-10-5 菅谷ビル4F グルニエ

主催:パレスチナ刺繍帯プロジェクトby ICEJ・Palestinian Embroidery OBI Project

 

【 イベント① Serbian Night 】 

パレスチナもセルビアも、それぞれ地方ごとにバラエティに富んだ美しい民族衣装があり、デザインや刺繍のパターンが似ているものがあります。それはオスマン帝国の統治下にあったことが影響しています。バルカン半島に位置するセルビアは、これまでにローマ帝国、オスマン帝国、オーストリア=ハンガリー帝国といった様々な国の文化を融合し、多様性に富んだ民族構成をしています。東西文化が融合したセルビアの郷土料理やお話をお楽しみください。※事前申し込み制です※ 

ゲスト:角崎悦子様

   (セルビア日本音楽交流推進の会代表、日本セルビア協会理事、

    公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン理事、

    特定非営利活動法人 SEEDS Asia理事) 

    橋本典子様

   (Serbian Night -典子食堂-

    代表・料理長 / ワインエキスパート)

    https://serbian-night.com/ 

会費:3,500円(お食事、トートバッグ・鉛筆お土産つき) 

 

メニュー: 

・Domaći ajvar /自家製パプリカペースト 

・Domaća Turšija /自家製ピクルス 

・Proja/セルビアのコーンブレッド 

・Ruska salata /ロシア風サラダ 

・Mesni rolat /ミートローフ 

 

★お申込みはこちらから★ 

  ○Googleフォーム

  ○Email

 

  ●Facebookイベントページ

  ●こくちーず

 

2019/01/23

【works*blog】日本初!バルカン料理本出版記念★Serbian Night バルカンツアー を追加しました

1月12日㈯は「日本初!バルカン料理本出版記念★Serbian Night バルカンツアー」で料理を担当しました。

Serbian Nightの「バルカンツアー」では、12月の「セルビアの音楽と料理を楽しむ会」に続き、『イェレナと学ぶセルビア料理』の特定の章に焦点をあて、料理と文化を紹介していきます。

 

会場のKAIDO books&Coffeeは、旧東海道の品川宿にある街道がコンセプトのブックカフェ。ディープな”旅好き”のために、日本や世界各国をテーマとしたイベントを開催しています。

旅好きの端くれ、わたくしも品川宿には何かとご縁があるようで。

東北ボランティアでの知人が、近隣のコワーキングスペース「うなぎのねどこ」で開催した食イベントがきっかけで、開業間もない浅草のカフェお手伝いを1年半。

 

そのご縁で、品川神社の例大祭にセルビア屋台を出店したこともありました。

 

当イベントでは、1階に『イェレナと学ぶセルビア料理』で使われた写真のほか、民芸品や絵画、書籍が展示され、ぽこっとエアポケットのようなセルビアが出現。

12月の連休からイベント当日までは、メニューにセルビア料理も登場。KAIDO books & Coffee オーナー佐藤さんの粋な計らいのおかげです。

何点かレシピを提供し、メッセンジャーでやりとりをした後に打合せで来店。

忠実につくってくださり、ちゃんとセルビアの味。美味しかったー。

佐藤さん、とっても料理が上手なんです。

 

実はすこしプレッシャーも感じたりして。

いやいや、そんな弱気じゃだめじゃん、プロなのに、あたし^^;

と、気をひきしめました。

 

当日のBGMは佐藤さんセレクトで ボバン・マルコヴィッチのミックスリスト。

以前ジプシー音楽と文化に関するイベントも開催されたのでよくご存じ。

いつ聞いてもテンションのあがるバルカンブラスです。

 

続きはリンクのブログで 

2019/01/19

【works*blog】Serbian Night@渋谷コラボカフェ Vol.5 を追加しました

おかげさまで、今年初回のSerbian Night @渋谷コラボカフェ も無事終了。

昨年のうちからの企画が一段落し、やり遂げ感でいっぱいです。

うーん、楽しかった!!!

ご参加のお客様も、話が尽きずだいぶ遅くまで盛り上がっていらっしゃいましたが、お帰り大丈夫だったかな。撤収を手伝ってくださったお客様もありがとうございました。

 

当日前の仕込みに見積もる来店数はいつも野性の勘が頼り。

インフルエンザが猛威をふるうこの時期は特に難しい。

渋谷のSerbian Nightでは、初回に「ノーショウ(ご予約あり・来店なし)」が2名あり、お客様にも心配をおかけしたため、2回目より前払制としています。

 

チケットサイトへの会員手続きも必要で敷居も高くなってしまいますが、必ず来ていただけるので、安心して料理に手間をかけ、お酒もよいものを仕入れ。

奮発しすぎじゃない?あたし、と毎回自戒しています^^;

 

そんな渋谷ディナーの今回のテーマはクリスマスメニュー。

正教会に属するセルビア人はユリウス暦の1月7日にクリスマスを祝います。クリスマス前から肉や乳製品を断つ慣習があります。メインは魚、付け合せは豆やザワークラウトのサラダ。ドライフルールなどが食卓にのぼります。

 

クリスマスツリーは、日本でもおなじみのモミの木ではなく、枯葉のついたナラの木を飾り、クリスマスイブの夜に集めて燃やすそうです。

教会の前で行う大きな焚火は、日本のお正月の「どんど焼き」を思わせて親しみを感じませんか?

 

食卓には猫草のようなものを飾る習慣があり、あれはいったい何だろう?と長年の疑問でしたがつい先だって判明。

小麦の種を旧歴12月4日(12月17日)の聖バルバラの日に蒔き、クリスマス・イブ(1月6日)まで育ててその年の豊作を占うものだそうです。

日本でも同じ時期に、お正月飾りに稲わらを使うのとちょっと似てる?

 

いずれにせよ、今回は知るのが遅かった。。。

園芸店で猫草も見つからなかったので、今年の年末に麦を蒔こう。

来年に持ち越しです。

続きはリンクのブログにて

 

2019/01/17

Serbian Night@渋谷コラボカフェ Vol.6 開催のお知らせ

【Serbian Night @Shibuya Colabo Cafe】

Date: 27th. February 2019 (Wed) 19:30-22:00
Price:6,000 yen ( without rakija and wine 5,000 yen)
Place: Colabo Cafe Shibuya,
   B1F Aoyama Dai Bldg. 2-9-10 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo-

---------------------------------------------------------------

会場アクセス:
渋谷区渋谷2丁目9−10 青山台ビル B1F
渋谷駅より徒歩7分。

イタリア専門旅行会社の右隣、青山台ビルの階段を地下へ降りてください。つけ麺屋の奥になります。


---------------------------------------------------------------
◆メニュー
(Reservation needed,/ ご予約制):
・Greek Moussaka / ギリシャのムサカ
・Svadbarski kupus / Wedding cabbage 肉とサワーキャベツの煮込み
など5-6品


---------------------------------------------------------------

◆Rakija / Serbian Brandy セルビアの蒸留酒

◆Vino / Wine ワイン
・Prokupac 2016 Ivanovic Winery /
  プロクバッツ2016(赤) イヴァノヴィッチ・ワイナリー
・Tamjanika 2016   Ivanovic Winery
  タミヤニカ2016(白)  イヴァノヴィッチ・ワイナリー
---------------------------------------------------------------
・Domać voćni sirup / Homemade Fruits Syrup with Soda
   自家製フルーツエード
・Prirodni čaj / Herb Tea
   セルビア産ハーブティ
   (ハイビスカス、ラベンダー、カモミール)
・Domaća kafa / Turkish Coffee
   トルココーヒーデミタスサイズ

リンクのチケットサイトよりご予約ください。

2019/01/10

【works*blog】Serbian Night Cafe@鎌倉ソンベカフェ Vol.13 を追加しました

毎月第2㈬はSerbian Night Cafe@ソンベカフェの日。

 

鎌倉駅前ソンベカフェでの開催も、あっという間に2年めを迎えました。

外壁に貼るセルビア国旗は、うっかりすると重さではがれてきてしまう。

「そういうときは、テープじゃなくて”ひっつき虫”がいいよ」と、お客様に教えていただいたのだけど、会場は家で覚えていても文具店に行くと忘れてしまう。

来月はちゃんと用意できるように、ここに書き留めておこう。( ..)φメモメモ

 

いままで渦巻きパイのブレクは、30cmほどのものをおひとり分として4分割していましたが、なるべく焼きたてをお出ししたいので、ひと工夫。

いつものように生地をつくり、大きく広げた生地に具をつつんで輪っか状にし、通常は大きなとぐろを巻くところを

今月は小さな渦巻きを、ひとりひとつ分として成形。

オーダーを受けてから焼くと時間がかかってしまうかな。様子を見ながら新年のスタートです。

 

そして、出来たのがこちら。

切り分けていないので、香りも水分も皮に閉じ込められたままで結果は上々!

残念ながらランチのお客様は少なかったけれど、すごく美味しく出来たので、それだけでハッピー。ソンベのオーナーにも「食べてみて!」と押し売りしてしまった(笑)

 

(中略)

 

今月のスイーツはケシの実のケーキ。

実際にお見せして選んでいただきましたが、この黒いものは植物繊維のように感じるけれど何でしょう?不思議に感じたようで、改めてご説明。

そうですよね。日本でケシの実といえば、あんパンなどのトッピングにパラパラと振りかけてあるくらいで、味がはっきりわかるくらい一度に口にすることってないですものね。

 

詳細はリンクのブログにて

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...