info / お知らせ

2020/07/12

【web shop】新商品のお知らせ『吸血鬼の花よめ』

【web shop】新商品のお知らせ『吸血鬼の花よめ』
「初めてこの土地に、ブルガリア人の祖先の古代ブルガリア人が住んだのは、七世紀のことです。九世紀の中ごろには、ブルガリアは、スラブ文字のもとになるキリル文字をつくった国として栄え、大きな影響力をもっていました。
 けれども、ブルガリアは、その後長いあいだ、ローマやトルコに支配されたので、文化の面でも他のスラブ諸国と別の道をあゆみ、独自のものをつくりました。
 民話も、そうした東西文化の接点だったブルガリアでは、さまざまな要素が混じり合って、他のヨーロッパの国々の類話とも、ひと味ちがっています。大きく分けて、民族的色彩の濃いものと、他の国々の影響をうけながらも、ブルガリア独自の民話になっていったものの、二つの流れがあります。もちろん、ブルガリアにも、グリムのドイツ民話や、アファナシエフのロシア民話と共通した筋の展開をする話は、たくさんありますが、この本には、ブルガリア民話の特色の濃い話を選びました。(訳者あとがき より)」
語り継がれた民族の願い
東西文化交流の場、ブルガリアから選りすぐりの12の昔話
 
ブルガリアはバルカン半島に位置し、古くから東西文化交流の場でした。昔話もオリエントとヨーロッパ相互の影響をうけた独自の楽しいものが多くあります。青春時代にブルガリアのソフィアに留学していた編者による選りすぐりの12話。
 
 
著者紹介 :
編・訳者 八百板洋子(やおいた・ようこ)
1946年、福島県に生まれる。1970年、ソフィア大学大学院に留学。訳詩集『ふたつの情念(こころ)』(新読書社)と本書『吸血鬼の花よめ』で、それぞれ日本翻訳文化賞を受賞。『ソフィアの白いばら』(福音館書店)では、日本エッセイスト・クラブ賞と産経児童出版文化賞を受けた。ほかに『世界のメルヘン』『世界昔ばなし〈上・下〉』(講談社)などの訳書がある。
 
画家 高森登志夫(たかもり・としお)
1947年、千葉県に生まれる。東京芸術大学油絵科卒業。1972年、同大学院修了。1974年、第18回シェル美術展一等賞。1987年、第12回日本国際美術展国立国際美術館賞などを受賞した。子どもの本に『はじてであうずかん・しょくぶつ』『野の草花』『木の本』(福音館書店)などがある。
目次等、詳細とご注文はこちらから

2020/07/11

【web shop】新商品のお知らせ『終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ 』

IMG_0249.JPG

「当時NATOの空爆反対の発言をヨーロッパですることは、想像を絶するバッシングを受けることを意味した。(中略)事実、ハントケは孤立していた。西側のジャーナリズムから数限りない集中砲火を浴びた。殺人鬼ミロシュビッチの手先などというレッテルを貼られー」(本文より)

報道されることのない3000人の行方不明者コソボ空爆後の六年間を渾身ルポルタージュ!

コソボ空爆後、現地で何が起きていたのか?ノーベル文学賞作家 ペーター・ハントケ(『ベルリン天使の誌』脚本家)との対話を収録!

 

1999年のNATO軍の空爆により、コソボ紛争は公式には「終結」したことになっている。しかし現地では、セルビア系の民間人が3000人規模で行方不明になるなど、空爆前とは違った形で「民族浄化」が続き、住民たちは想像を絶する人権侵害の危機にさらされている。また、空爆による劣化ウラン弾の被害は甚大で、すべての回収には100年を要するという。

本書は、空爆終了後六年間にわたって現地に通い続けた唯一のジャーナリストが、9.11やイラク戦争の開始以降ほとんど報道が途絶えてしまったセルビア・モンテネグロの現状を告発した、渾身のルポルタージュである。

 

「語り部がいなくなっては 人間は幼少時代がなくなってしまう」ー『ベルリン天使の詩』の一部

 

著者紹介 :

木村元彦(きむら・ゆきひこ)

1962年愛知県生まれ。中央大学文学部卒。ノンフィクション・ライター、ビデオ・ジャーナリスト。疾走プロダクションを経てフリーに。アジア・東欧の先住民族問題を中心に、「Number」や「PLAYBOY」などに数多くの記事を寄稿。著書に『誇りードラガン・ストイコビッチの軌跡』『悪者見参ーユーゴスラビアサッカー戦記』など。

 

 

目次等、詳細とご注文はこちらから

 

 

2020/07/11

【web shop】新商品のお知らせ『新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記 』

【web shop】新商品のお知らせ『新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記 』

「本文にも書いたが、絶対的な悪者は生まれない。絶対的な悪者は作られるのだ。(中略)

東欧の民主化で沸き返ったこの10年はその置かれた立場ゆえにセルビア民族、ひいてはサッカー選手にとって悪夢のデケイドとなった。しかし彼らは決して屈しなかった。前著の『誇り』がストイコビッチの半生を描いたものであるのに対し、本書はバルカンのサッカー人たちの集団劇である (単行本あとがき より)」

 

──2018年新版── 高野秀行氏絶賛!!

「木村元彦氏のユーゴ・サッカー三部作は衝撃的だ。中でも『悪者見参』には驚嘆した」

 

クロアチアの準優勝が世界を驚かせた2018年サッカーW杯ロシア大会。スイス対セルビア戦でコソボ移民の二人が見せた「鷲のポーズ」。さかのぼること20年、1999年のNATOによるユーゴ空爆にその端緒を探ることができる。当時、著者が身の危険を顧みず「世界の悪者」とされた旧ユーゴ紛争地を歩き、直に触れたすべてを綴った貴重な記録。執筆当時から現在までの空白を繫ぐ追章を加えた新版。

 

著者紹介 :

木村元彦(きむら・ゆきひこ)

1962年生まれ。2006年『オシムの言葉』でミズノスポーツライター賞最優秀賞。同書は第52回青少年読書感想文コンクールの課題図書にもなった。著書に『誇り』『蹴る群れ』『終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ』『争うは本意ならねど』(2012年サッカー本大賞)『徳は孤ならず』(2017年広島本大賞)『橋を架ける者たち-在日サッカー選手の群像』などがある。



目次等、詳細とご注文はこちらから

 

2020/06/24

【web shop】キャッシュレス・ポイント還元事業 終了間近!

【web shop】キャッシュレス・ポイント還元事業 終了間近!

キャッシュレスでの5%還元対象は、6月30日のお買い物まで。

セルビアのパプリカペーストやひまわり蜂蜜、ブルガリアのローズジャムやローズウォーターなど揃ってます。

気になる商品のお試しや、まとめ買いもお勧めです。

 

30日までに当社からの発送完了のお客様が対象です。

ご注文はお早めに!

 

ショップページはこちらから

2020/06/21

【web shop】新商品のお知らせ『世界の郷土料理事典』

【web shop】新商品のお知らせ『世界の郷土料理事典』

料理で知る、料理がつなぐ 文化や宗教の多様性。

世界各国・300地域を網羅した家庭料理、伝統料理を、各々の料理の歴史や食文化などの背景とともに楽しめる1冊です。

 

ネット時代はグローバル化を推し進め、世界各国の食文化にも関心が集まっています。

「その国を知るには料理から」ということで、世界各国・300地域の伝統料理、郷土料理を再現、紹介し、日本の家庭でも作りやすいレシピでご紹介します。

併せて、その国の食文化の概観、また宗教の食規定などもわかりやすく説明し、多様な文化を理解し合うための一冊を目指します。

 

著者は、世界の料理、日本で楽しめる各国レストラン情報をいち早く提供する総合情報ウェブサイト、e-food.jp の青木ゆり子。

設立20周年を迎える2020年、満を持して、今までフィールドワーク、研究を続けてきた世界各国の料理レシピ、食文化を紹介する、集大成的1冊です。


著者略歴:

青木 ゆり子(あおき・ゆりこ)

各国・郷土料理研究家。調理師のためのハラール研修有識者会議委員(厚生労働省国庫補助事業)、全日本司厨士協会会員。

雑誌記者等を経て、2000年に世界の料理総合情報サイト 「e-food.jp」を設立。国内外の伝統的な郷土料理を守り、未来につなげるスタンスでサイトを運営。自ら世界各地を旅し、料理の背景にある歴史や文化も含めて紹介している。執筆、講演活動のほか、料理教室やさまざまな食イベントも主催している。著書に『しらべよう!世界の料理 全7巻』(ポプラ社)監修、4〜7巻の執筆、『日本の洋食〜洋食から紐解く日本の歴史と文化』(ミネルヴァ書房)など。

 

目次:

◇CHAPTER1 Asia アジア

◇CHAPTER2 Middle East 中東

◇CHAPTER3 Europe ヨーロッパ

◇CHAPTER4 Africa アフリカ

◇CHAPTER5 North and Central America & Caribbean 北・中央アメリカ、カリブ

◇CHAPTER6 South America 南アメリカ

◇CHAPTER7 Oceania オセアニア

◇コラム

・食文化と歴史

・食の国際儀礼について

・プロコトールとエチケットの違い

・ベジタリアンとビーガン

ご注文はこちらから


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...