info

2019/03/18

【works*blog】サラエヴォご飯を楽しむ夕べinココシバ を追加しました

20190302_etsuko-001.jpg

3月2日㈯は「サラエヴォごはんを楽しむ夕べinココシバ」で料理を担当しました。

主催の「ぶなのもり社」は『イェレナと学ぶセルビア料理』の出版社。写真の提供や、最終段階でのレシピ監修に携わった関係で、編集者の小倉美保さんの知己を得、以来大変お世話になっています。

 

1月の「日本初!バルカン料理本出版記念★Serbian Night バルカンツアー」にもご参加いただき、その席で今回の企画が生まれ、開催の運びとなりました。

 

会場の Antenna Books & Cafe ココシバは、「ぶなのもり社」が運営する埼玉県川口市のブックカフェ。

打合せに訪問した日はクルドスイーツパラダイスというイベントが開催中。

近隣にお住まいのクルド人による手作りスイーツを楽しみながら、座席を360度取り囲む本棚から好きなだけ手に取って読むことができるという、非常にキケンな環境。本好きは、帰宅拒否になること必至。

リラックスした雰囲気で、異文化交流。知らないうちに心の壁が溶けてなくなるような空間です。

 

今回のテーマである「サラエヴォからこんにちは」の章の舞台となっているボスニアは、小倉さんの思い出の地。

この章のメニューは、つくり慣れてはいるけれど、あれっ?東京で教わったレシピからマイナーチェンジしてるぞ!ということもあり、本のレシピの忠実な再現となるよう慎重に仕込み。

 

バルカン研究の第一人者である柴宜弘先生は、小倉さんの恩師。著書「バルカンの歴史」は仲間内での読書会でのテーマということもあり、ゲストにお呼びすることが決まった瞬間から緊張と、どきどき。

はじめて使うオーブンの勝手がわからず講演の内容があまり聞き取れなかったのが不幸中の幸いだったかもしれません。

これから出てくるメニューをボスニアで食べた時の思い出や、期待などを語っていらしたそうなので、プレッシャーに負けていたかも。

続きはリンクのブログで


2019/03/08

【works*blog】Serbian Night@渋谷コラボカフェ Vol.6 を追加しました

20190227_ (14).JPG

おかげさまで、2月のSerbian Night @渋谷コラボカフェ も無事終了。

この会の主役はお客様。特に何かの企画を立てず、ゆっくりとお食事を楽しんでいただくことを大切にしています。

お客様同士の会話を楽しみに通ってくださる方もおいでで、入店時はおひとり様や2名様でのご予約なのに、お帰りの際は、はじめからグループ貸し切りだったようなお見送りになるのも嬉しくて。

店の雰囲気をつくるのは、実は店主ではなくお客様。

素敵なお客様に恵まれて幸せ者だなー、と感謝しています。

 

会場は渋谷駅から徒歩7分のコラボカフェ。

青山通り沿い、イタリア専門旅行会社右隣の青山台ビル地下。つけ麺やさんの奥になります。 

 

今回も早めに到着のお客様にはテーブルセッティングなどお手伝いいただき、ありがとうございました。

メインディッシュはムサカ。セルビアのムサカは挽き肉とジャガイモなどの野菜に卵液をかけたシンプルなものですが、ギリシャでは下から順番にジャガイモ、ミートソース、ナス、ミートソース、ナス、ベシャメルソースと重ねた6層構造。肉とソースのボリュームを、さっぱりした味付けと野菜が中和してもたれません。

屋号が「セルビアンナイト」ということもあり、いろいろな方のご意見から、しばらくセルビア以外の料理を封印していましたが『イェレナと学ぶセルビア料理』に他のバルカン諸国料理が紹介されているため、この度解禁。セルビアではなくギリシャのムサカを選びました。

 

それにあわせ、ギリシャのリキュール「メタクサ」とセルビアのラキヤも飲み比べ。

ともにブドウを原料とした蒸留酒ですが、ラキヤはやっぱりラキヤで、メタクサはブランデー寄り、と一同の意見が一致しました。

 

続きはリンクのブログにて

2019/02/28

セルビア料理と民族舞踊でイースターを祝う会 開催のお知らせ

20170419_26.JPG
日時:4月6日㈯ 17:00-19:00
主催:カフェジョルジュ・Serbian Night セルビア日本音楽交流推進の会
場所:世田谷区祖師谷3-36-29 佐藤ビル2F ギャラリーカフェジョルジュ-
以下、Facebookイベントページより
--------------------------------------

2018年12月に大人気だった「セルビア料理」イベント。
沢山のリクエストに応えまして、
再登場です!

今回は、セルビアの春。

可愛いイースターエッグ作りや、
セルビアの民族舞踊も楽しめます。

お料理はもちろん、
セルビア料理人、橋本典子さん。

さぁ、春のセルビアに出かけましょう🎵

参加費:4500円(税込)
(お料理、お土産のイースターエッグ)

別途、ドリンクのご注文をお願いします。

セルビアワイン 600円
お得なドリンク券 3枚で1500円


◆メニュー
『イェレナと学ぶセルビア料理』より、”スラヴァのごちそう”の章を中心としたイースターのお料理
  ・Devil Egg / 卵の前菜
  ・Slavska Pogača/Festive Bread お祝い用ポガチャ
  ・Ruska Salata / Russian Salad ロシア風サラダ
  ・Teleća čorba / Veal Soup 仔牛肉のスープ
  ・Sarma / Stuffed Cabbage Rolls セルビアのロールキャベツ
  ・Bajadera / Bajadera クルミとチョコの焼かない小さなお菓子
  ・Vanilice / ジャムサンドクッキー

お申込みはリンクのFacebookイベントページにて

表示を減らす

2019/02/26

【works:blog】ステッチが結ぶ世界~パレスチナ刺繍帯展~Serbian Night を追加しました

20190218_kubosan.jpg

2月18日は、パレスチナ刺繍帯プロジェクト by ICE主催、「ステッチが結ぶ世界~パレスチナ刺繍帯展~」でのSerbian Nightを共同開催いたしました。ハンサムな女性たちに支えられた今回のコラボは、いつものように和やかで、いつも以上に艶やかでオリエンタルな宵でした。

 

パレスチナとセルビアは紛争地域としてのイメージが先行しがちな地域。数年前に参加した蜂蜜がテーマの食事会に、パレスチナ産シドルハニーを提供されていたご縁でICE主催の山本真希さんと知り合い、身につけられていた帯に目が釘付けに。以来、刺繍やシドルハニーを通じて支援を行っているICEの活動を、憧れをもって応援していました。

昨年セルビア大使館で開催された『イェレナと学ぶセルビア料理』レセプションで山本さんと再会し、「食べものが似ている!民族衣装の刺繍も似通っている!」と、それまで気づかなかった、かつてともにオスマン帝国統治下にあったという共通点を発見。紛争や分断の歴史を持つ土地だからこそ、そうでない部分、文化のつながりや美しい手仕事、豊かな食文化などにスポットをあてて、伝えていきたい、という互いの活動理念にも共通項を見出しました。

あらためて、年末のブレインストーミング的な打合せを経て、今回のイベントコラボのお話をいただきました。

 

会場のGrenierは、お金で場所貸しをするのではなく、信頼できる方々や、共感することに無料で提供するという非営利事業のコミュニティサロン。

その心意気や、たるや粋。

なかなかできることではありません。

 

当日、会場には新作の帯や特注のショールも展示され、艶やか。 パレスチナ刺繍の技術は現地でも貴重なもので、シリア産の布地にパラタ難民キャンプの女性が手刺繍を施し、大黒柱である旦那様が働けなくなって、奥さんの手仕事が一家を支えることもあるそうです。名古屋帯や、半幅帯には、日本国内の一級和裁士さんが仕立て上げるとのこと。これらの帯は、京都で西陣の職人さんからも高い評価を得たそうです。


続きはリンクのブログで

2019/02/22

【works*blog】Serbian Night Cafe@鎌倉ソンベカフェ Vol.14 を追加しました

20190204.JPG

毎月第2㈬のSerbian Night Cafe@ソンベカフェは、今回をもって一時お休みをいただきます。

由比ヶ浜ではじめた「ゆる・セルビアンナイト」はカジュアルなカウンタースタイル。

会場のFiesta閉店を機に鎌倉駅前のソンベカフェに移転し、ランチとディナーの二部制となりましたが、ディナータイムのお客様の多くが東京での仕事終わりにお越しになるため、ディナーは渋谷開催。鎌倉ではランチとカフェタイムに専念して回を重ねてきましたが、「やっぱりディナーを食べてみたいよね。大皿をとりわけてみたいよね。」という声を次第に鎌倉でもいただくようになりました。

 

リーズナブルな価格でいろいろなメニューを楽しんでいただくことを大切に、お料理のサイズも小ぶりになっていましたが、ランチ営業終了とともに今後はバルカンサイズに戻していこうと考えています。どんな形で鎌倉開催を再開するかは、関係者と相談しながら、おいおいに決めていきたいと思います。

------------------------------------------------- 

2月の第2㈬はバレンタインデイの前日でもあることから、何かそれに因んだイベントを考えよう、と、ソンベカフェのオーナーと相談していましたが、中高短大と女子校育ちのため、残念ながらバレンタインデイに甘酸っぱい思い出がない。特設売り場をまわり、自分用にたんまり買い込んで幸せにひたる一か月。

 

『イェレナと学ぶセルビア料理』の表紙にもなっているリツィタルハートは、バルカン半島でバレンタインデイに男性から女性に贈る風習があるそうです。

クロアチアやスロベニアでは粘土や木製。セルビアでは昔ながらのアイシングクッキー。

 

こういう手作りギフトを男子に贈る女子高生だったら、また違う人生だったのに違いないと思いつつ、現地の飾り用のものも素敵だけれど、食べられるものを作りたい。

花や複雑な模様は口のなかに刺さるかなー。一面の色付けは甘すぎるかな。と、昨年から大きさや装飾をあれこれと試行錯誤しています。

マイブームは赤いギンガムチェック。キリル文字も描けるようにならないとね。店頭に並べる予定でしたが、直前に右手の指を怪我したため今年は試作のみとなりました。

 

続きはリンクのブログで

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...