info / お知らせ

2020/05/24

【web shop】新商品のお知らせ『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』

【web shop】『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』入荷のお知らせ

【料理レシピ本大賞2018「特別選考委員賞」受賞】

各国のプロの料理人がオススメする1冊「第1位」に選ばれました!

日本初! 全世界196ヵ国の料理が載ったレシピ本。見たこともない料理を、スーパーの材料で作れる!

 難しそう? いえいえ。このレシピブックはプロの料理人に向けたものではありません。ご家庭で台所に立つ、あなたのための本です。世界の料理を、ご家庭の食材で、できるだけ簡単につくれるよう、工夫しました。

 

たとえば、

・肉じゃがより懐かしいミャンマーの母の味(チェッターアールヒン)

・ハンバーグより簡単な南アフリカのミートーローフ(ボボティー)

・生姜焼きよりごはんが進むミクロネシアの鶏肉煮込み(チキンアドボ)

・モンテネグロのおしゃれなチキン南蛮(ポペツ)

・ミルフィーユみたいなモルドバのポテトサラダ(シュバ)

・サバの味噌煮を超えた、タンザニアのサバ料理(スープ・ヤ・マサキ)

・オランダの新食感♪ モッチリピザ(パンネンクーケン)

・カレーとシチューの間、アメリカ南部のソウルフード(ガンボ)

・地中海キプロスの絶品イカメシ(カラマリア・ゲミスタ)

 

※掲載レシピはすべて著者が、世界を旅しながら現地で、あるいは日本で暮らす外国人、時には各国大使館を通して学んだものです。

 

目次等、詳細とご注文はこちらから

2020/05/24

【web shop】新商品のお知らせ『世界のスープ図鑑 独自の組み合わせが楽しいご当地レシピ317』

【web shop】『世界のスープ図鑑 独自の組み合わせが楽しいご当地レシピ317』入荷のお知らせ

日本人の知らないスープはまだこんなにあった! 140の国と地域で食べられる317の激うま&仰天スープを大紹介!

 

スープは、手軽に作れて野菜や肉など様々な食材を1品で摂れることから、「簡単」「おいしい」「ヘルシー」と三拍子そろった世界各国で食べられる人気の料理です。日本でも、味噌汁や雑煮、お汁粉など日本独自のスープがあるほか、現在では世界の様々なスープを楽しむことができるようになりました。しかし、我々日本人が知っているスープは、世界で食されるスープのほんの一握りでしかありません。世界には、日本人が知らない激うまスープがまだまだたくさんあるのです!

本書は、そんな世界各地で食されるさまざまなご当地スープを、レシピ付きで紹介する図鑑です。思いもよらない食材を使ったスープ、その地域の伝統を色濃く反映したスープ、催事にふるまわれるスープなど、見ているだけでも楽しくなる唯一無二のスープ図鑑です。

 

目次等、詳細とご注文はこちらから

2020/05/23

【web shop】新商品のお知らせ『 バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』

【web shop】『 バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』入荷のお知らせ

オスマン帝国からユーゴスラヴィア紛争まで

民族間紛争はヨーロッパの過去か?それとも未来か?

いま問い直される、国家とは何か?

 

 

20世紀初頭、「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれた南東ヨーロッパに位置するバルカン半島。東ローマ帝国、オスマン帝国、オーストリア・ハンガリー帝国の支配下で、宗教と民族が複雑に絡み合った歴史をもつ。オスマン帝国時代、住民の多くを占める正教徒たちは平和裡に暮らしていたが、帝国崩壊後彼らは民族意識に目覚め、ギリシャ、セルビア、ブルガリアなどが独立を果たす。だがそれら新興国家に待ち受けていたのは、欧州列強の思惑と果てなき民族対立だった。本書は、いま最も注目されている歴史家M・マゾワーのベストセラーを翻訳。1453年、オスマン帝国によって東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルが陥落して以降の歴史をあつかい、ユーゴ紛争とともに20世紀が終わるまでを描く。監修・村田奈々子。

 

著者略歴:

マーク・マゾワー Mark Mazower

1958年イギリス出身。オックスフォード大学卒業後、ジョンズホプキンス大学で修士号、オックスフォード大学で博士号取得。ロンドン大学,サセックス大学で教鞭を振るったのち、現在コロンビア大学教授。邦訳著書『暗黒の大陸――ヨーロッパの20世紀』(未来社、2015年)『国連と帝国』(慶應義塾大学出版会、2015年)『国際協調の先駆者たち』(NTT出版、2015年)

 

井上廣美(いのうえ・ひろみ)

1959年(昭和34年)生まれ。名古屋大学文学部卒業。翻訳家。

訳書『タイタン ロックフェラー帝国を創った男』上下巻(ロン・チャーナウ、日経BP社、2000年)『アレグサンダー・ハミルトン伝 アメリカを近代国家につくり上げた天才政治家』上中下巻(ロン・チャーナウ、日経BP社、2005年)『イスラエル人とは何か ユダヤを含み超える真実』(ドナ・ローゼンタール、徳間書店、2008年)ほか多数

 

目次等詳細とご注文はこちらから

2020/05/20

【web shop】新商品のお知らせ『アイラブユーゴ3 ユーゴスラヴィア・ノスタルジー女の子編』

【web shop】『アイラブユーゴ3 ユーゴスラヴィア・ノスタルジー女の子編』入荷のお知らせ

ソ連型とは一線を画した「自主管理社会主義」型の消費社会で人々はどの様な生活を送ったのか?プロパガンダ芸術はいかに革命を讃え、反体制芸術はいかにそれを茶化したのか?

シリーズ第3弾となる女の子編はユーゴスラヴィアのファッションや食、文化、生活など文化系女子トキメキの内容!

 

★女性向けライフスタイル雑誌-反ファシズム女性戦線は戦後、ヘアスタイルやコスメ紹介!

★肉食文化-豚商人が近代セルビア国家幕開けの指導者まで!

★トゥルボ・フォルク-農村でも人気になったオリエンタル民謡とダンス音楽のミックス!

★ナイーヴアート-農夫のお絵描きを左派が「民衆の力」と称揚、海外セレブのお目当てに!

★エラン-世界的スキーメーカーのルーツはパルテイザンのスキー板工場!

★ピオニール-誰もが思い出す、赤いスカーフとティトー帽の社会主義版ボーイスカウト!

★「東のハリウッド」-ティトー率先してアメリカの映画界と結託、映画村や軍まで提供!

★ライバッハ-ユーゴの「ナチス化」を痛烈に批判した世界的に有名なバンド!

 

目次等、詳細とご注文はこちらから


2020/05/20

【web shop】新商品のお知らせ『アイラブユーゴ2 ユーゴスラヴィア・ノスタルジー男の子編』

【web shop】『アイラブユーゴ2 ユーゴスラヴィア・ノスタルジー男の子編』入荷のお知らせ

サッカー・団地・車…男の子ゴコロくすぐる要素がギッシリ詰まったレトロフューチャーの国は民族共生の理念のもといかなるユートピアを思い描いていたのか? シリーズ第2弾となる男の子編はユーゴスラヴィアのスポーツや建物・乗り物など最もユーゴノスタルジーを実感できる巻!

 

★「フロリダ」という名でアメリカまで輸出されていた自動車メーカー「ユーゴ」! 

★ザスタヴァ製の武器がイラクなど、非同盟諸国に拡散! 

★スコピエ地震後、丹下健三がデザインしたコンクリート打ちっ放しの建築が乱立! 

★ユーゴスラヴィア人民軍由来のパルティザンなど名門サッカーチーム達! 

★風光明媚な国として社会主義国にも関わらず西側の観光客が大量に押し寄せていた! 

★東欧で最初で最後のオリンピックとなったサラエボオリンピック! 

★オシムやストイコヴィッチなどあまりにも有名なサッカー大国! 

★ニューヨークやシンガポール、北京まで飛んでいた国営航空会社JAT!

 

目次等、詳細とご注文はこちらから

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...