info/お知らせ

2020/08/31

【food&wine】セルビアのラキヤ(Srpska Rakija )について を追加しました

【blog】セルビアのラキヤについて Srbska Rakija を追加しました

 ブランデーは15世紀頃にヨーロッパの宮廷で人気を得たが、セルビアでの生産は19世紀の終わりまで行われなかった。蒸留技術は、中世にアラブ社会からオスマン帝国を経由してバルカンに伝えられた。比較的遅いはじまりであるが、セルビアのブランデーは優れた品質を有している。標高の高い山間部では、ワインに適した糖度の高いブドウが生育しないため、プラム、杏などの果実を利用したラキヤ(Rakija)と呼ばれるフルーツブランデーがつくられようになった。名称はトルコの蒸留酒ラクに由来するが、ラクとは異なる飲料に発展している。

 ラキヤは伝統料理の食前酒や、宗教儀式や冠婚葬祭の場において、“čokanjčić“と呼ばれるショットグラスでふるまわれる。セルビアでは、2,000か所の醸造所が正式登録されており、うち、約100か所が高品質のラキヤを生産している。また、民間での生産も行われている。農村世帯の生産者による販売はごく一部に限られ、多くの場合はオーク樽で熟成し、スラヴァや誕生日などの特別な機会にふるまわれる。ラキヤは長期の熟成に適し、数十年前のボトルが重要なイベントのために保存されることもまれではない。

 

続きはリンクのページにて

2020/08/28

【food&wine】『Srpsko Vino / セルビアワインについて』の項目を更新しました

セルビアのワインについて、気候、歴史、地質、現状などの概要を追加、更新しました。

詳細はこちらからご覧ください。

2020/08/21

【online shop】新商品のお知らせ『ソフィアの白いばら』

【web shop】新商品のお知らせ『ソフィアの白いばら』

舞台は、1970年代のブルガリア。詩を学びにソフィア大学に留学した著者が、様々な国からの留学生とともに過ごす寮生活が、東西冷戦や、当時激しさを増していたベトナム戦争に翻弄され、道半ばでの帰国になるものの、生涯の仕事となる東欧の昔話との出会いに至ります。

外国語学習の困難から、切なさに胸が痛くなる恋や、女性のややこしい友情まで。こんなに書いちゃっていいの?と心配になるような率直な語り口は、遠い国での違う時代の話しを、友人からの手紙のように感じさせてくれました。

--------------------------------------------------------

「白バラは、愛の花ではありません。民族の自由と尊厳を求める抵抗の花です。

 この本でわたしが書きたかったのは、若い日にブルガリアの首都ソフィアで出会った仲間たちの、われらが世代共通の、歴史の痛みでした。そのころ、アフリカは民族独立闘争のさかんな時期でした。アラブ諸国は、エジプトのナセル大統領が亡くなって足並みが乱れだし、新たな波がおしよせていました。隣国のギリシャでは、軍事政権のもとで政治活動が規制され、キプロスでは、ギリシャ系とトルコ系の住民の武力衝突がくりかえされていました。エチオピアでも、皇帝を倒す闘いに、学生まで銃を摂って立ち上がり、ベトナムでは、長く続いていた戦争が、いっそう激しくなるばかりです。

 ソフィアで出会ったわたしの友だちは、そうした国々から来た学生でしたが、国の重さを背負いながらも、みんな生き生きしていました。けれども、歴史の大きなうねりが、わたしたちの静かな生活までのみこんで、彼らは、それぞれ、自分の国と命運を共にしていきました。 社会や、国家の激動の前では、個人の生活なんて、ちっぽけなものなのだろうか。(あとがき より)」

 

YOKOの、愛と涙のブルガリア留学記。

1970年秋、YOKOがソフィアの留学生宿舎で出会ったのは、世界各国からやってきた若者たちだった。ベトナム戦争は激しくなるばかり。激動の時代に青春を過ごした仲間は、それぞれ、歴史の大きなうねりにまきこまれていく……。

 

著者紹介 :

八百板 洋子(やおいた・ようこ)

1946年、福島県に生まれる。1970年、ソフィア大学大学院に留学。訳詩集『ふたつの情念(こころ)』(新読書者)と、『吸血鬼の花よめ』(福音館書店)で、それぞれ日本翻訳文化賞を受賞。ほかに、『世界のメルヘン』『世界昔ばなし<上・下>』(講談社)などの訳書がある。本著『ソフィアの白いばら』では、日本エッセイスト・クラブ賞と産経児童出版文化賞を受けた。

ご注文と詳細はこちらから

2020/08/15

【web shop】新商品のお知らせ『外国語の水曜日――学習法としての言語学入門』

【web shop】新商品のお知らせ『外国語の水曜日――学習法としての言語学入門』

英語圏でない異国の料理を専門としているせいか、お客様を含め、友人知人には「あなたはいったい何カ国語が出来るんですか?」というようなマルチリンガルが多数。しかも、キリル文字など見慣れぬ文字まで使ってる。いったい、脳みその中はどうなっているのでしょう。

日本語や英語での情報が限られるため、原語のレシピを読めるようになりたいと、わたしもセルビア/クロアチア語を学びはじめましたが、遅々として上達せず。投げ出したくなっていた折に、この本の著者、黒田龍之助氏の「羊皮紙に眠る文字たち」に出会ました。おかげで、キリル文字アレルギー脱却!読めるようになってきた。さらなる近道を求めてこの「外国語の水曜日」を手にとったところ。。。

「文法とは、料理でいえば調理法である」という魔法の言葉が!そうでした、文法はマニュアルでした。

先生ごめんなさい、そういえばわたし語学部でした。読むにつれ、ピュアだった学生時代の記憶がよみがえり。。。あるとしたら、文法こそが近道。格がわからん、とか言っている場合ではなかった。コツコツやるしかないんですよね。ちゃんと勉強します。同じような人多いのかな。第1刷11刷が保証する、やる気にさせてくれる一冊です。

--------------------------------------------------------

いつもこころに文法を

長い道のりだからこそ、ときには道草、外国語。各駅停車でのんびりすすむ外国語への旅。

 

「水曜日とはどんな日なのか? この少し分かりにくい題名の本を手にしたみなさんは、いったい水曜日にどんな意味があるのかと疑問に思われたことだろう。その理由はこの章のとくに後半を読んでいたければすぐに分かる。 水曜日は外国語のことを考えるのにちょうどいいのかもしれない。一週間でちょうど真ん中の日。月曜日、火曜日と頑張ってきた学習も水曜日でちょっと疲れ気味。ここらで外国語の楽しさをもういちど思い出し、残りの木曜日、金曜日に備えるというのはどうだろうか? わたしは学生に会える水曜日を楽しみにしているロシア語教師である。 (第1章「二兎を追うものにとを得る?」より)

 

英語ばかりが外国語じゃない!いつもこころに文法を。長い道のりだからこそ、ときには道草、外国語。各駅停車でのんびりすすむ外国語への旅。NHKテレビ「ロシア語会話」の前講師の本! 英語ばかりでなく、さまざまな外国語の学習体験記をユーモラスに解説する。涙ぐましい努力の数々と爆笑の失敗談を読むうちに、外国語を学ぶ勇気を身につけられる本。知的で愉快なロングセラー。

 

柴田元幸、沼野充義、鹿島茂、千野栄一の棚へ是非おすすめの一冊。著者は、東京工業大学助教授、前著『羊皮紙に眠る文字たち』(小社刊)は朝日新聞やTVで絶賛されたロングセラーで、この業績で1999年木村彰一賞を受賞した新進気鋭のスラヴ語学者です。抱腹絶倒のオモシロ外国語学入門です。(登)

 

著者紹介 :

黒田龍之助(くろだ・りゅうのすけ)

1964年生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科卒、東京大学大学院修了。スラヴ語学専攻。

主要著書

『羊皮紙に眠る文字たち』『その他の外国語』『ロシア語の余白』(以上、現代書館)、『ロシア語のかたち』『ロシア語のしくみ』『ニューエクスプレスロシア語』『ことばは変わる』『もっとにぎやかな外国語の世界』(以上白水社)、『初級ロシア語文法』『ぼくたちの英語』『ぼくたちの外国語学部』(以上三修社)、『ウクライナ語基礎1500語』『ベラルーシ語基礎1500語』(以上、大学書林)、『はじめての言語学』『世界の言語入門』(以上、講談社新書)、『大学生からの文章表現』(ちくま新書)、『外国語をはじめる前に』(ちくまプリマー新書)、『ポケットに外国語を』(ちくま文庫)、『語学はやり直せる!』(角川onテーマ21)

 

詳細とご注文はこちらから

 

2020/08/11

【web shop】新商品のお知らせ『旅と刺繍と民族衣装 かわいい衣装を探す買いつけの記録とコーディネート』

【web shop】新商品のお知らせ『旅と刺繍と民族衣装 かわいい衣装を探す買いつけの記録とコーディネート』

世界中のどの地域でも、女性がいちばん美しいのは、民族衣装姿だと思う。

着物離れが言われて久しいけれど、外国人の友人によると、それでもまだ日本は日々の暮らしに民族衣装が息づいているそうです。こちらの「旅と刺繍と民族衣装」は、谷中で東欧民芸のショップを営まれているクリコさんの著書。

東欧の民族衣装は地域ごと虹のように少しづつ変化する様刺繍やシルエットが印象的。そのグラデーションは、料理や音楽も通じ、興味は尽きません。歴史や地理の背景を知ると、王侯貴族ではない一般の人びとの衣装の刺繍は、そもそも防寒や耐久性を高めるための糸による補強や補修だったのではないかな。日本の刺し子のように。240ページの本書には、東欧各地から集めた色とりどりの衣装が満載。気になるバルカン地方からは、ルーマニア、ブルガリア、マケドニアがとりあげられています。

幸か不幸かヨーロッパのサイズは大きすぎるので、テーブルリネンを集めるのみでおりますが(ときどき仕事で着るセルビアの民族衣装は、身長を指定して現地から取り寄せ)。同じ趣味をお持ちの方は、見飽きないこと間違いなしの一冊です。

--------------------------------------------------------

インスタグラムで大人気、谷中のフォークロアショップ「東欧民芸クリコ」のかわいい民族衣装を大公開。全国にファンをもつショップ「東欧民芸クリコ」の魅力を一冊にまとめました。クリコが買い付けした東欧各地の民族衣装、刺繍、アクセサリーなどを紹介します。

 

表紙の背景は、じつは…今はなき地下駅跡。 クリコをめぐるレトロな上野、谷根千案内

いま思えば、何とか撮影できてよかった! と思うコロナ緊急事態宣言前の2月。

 

表紙の撮影です。

朝7時集合、いやー寒かった。

でもメチャクチャ快晴の青空でした。

「私が晴れ女だ!」、「いいえ、私の行いがいいからです!」と言い合いながら、モデルのクリコとスタッフ3名、女ばかりの賑やかな撮影が始まりました。

ロケ地はクリコの店から近い上野公園周辺です。

もちろんロケバスなどあるはずもなく、1カット撮っては駐車場のクルマの中で着替えて、というなかなかハードな撮影でしたが、クリコは鼻歌まじりでスルスルッと着替えていきます。

 

最初に撮影したのは、東京芸大近辺。画家の記念館や古いお屋敷などもある素敵なエリアです。

表紙の背景となったブルーの扉は、京成電鉄の「旧博物館動物園駅」。京成の上野駅と日暮里駅の間にかつてあった地下駅で、1933年開業、1997年に営業を停止、2004年に廃止となった駅跡です。

 

駅名からわかるように東京国立博物館(1947年までは帝室博物館という名称だったそう)や上野動物園のすぐ近くにあります。なかなか雰囲気があって、かつて昭和の親子連れで賑わっていただろう様子を妄想してしまいます。クリコいわく「夜中に人が出入りしてそう」。いや、怖いって(笑)。

 

その後、公園を抜け、不忍池まで足を伸ばし、最後は、谷中の「喫茶ニカイ」で撮影。古民家をリノベしたレトロなカフェです。店内に流れるBGMは荒井由実(松任谷じゃなく)のシングルコレクション。熱烈なユーミンファンのデザイナーNさんは、撮影中ずーっと唄い続けていました。

 

そんなこんなで怒涛の半日撮影、無事終了。

あがった写真を見た担当のN村氏が「どこか東欧で撮影したのかと思った」と一言。

ムフフ、上野ですよ。

みなさん、東欧民芸クリコに来たら、ぜひ巡ってみてくださいね。

 

 

 

著者紹介:

東欧民芸クリコ(とうおうみんげい・くりこ)

東京出身。「HOUSE OF LOTUS」勤務ののち、2010年、旅と民族衣装、雑貨好きが高じて、谷中に「東欧民芸クリコ」をオープン。店のコンセプトは「旅のカケラのおすそ分け」。

年に数回、ハンガリー、チェコ、スロバキア、ブルガリア、ルーマニア、ポーランドなどを中心にめぐり、蚤の市や現地のヴィンテージもののコレクターから買い付けをしている。

そのセレクトのセンスと、独自のコーディネートセンスの高さで全国に多くのファンをもつ。

インスタグラムでは、旅日記や商品の紹介はもちろん、日々の自身のコーディネートを紹介し、人気を呼んでいる。

無類のカフェ好きでもあり、旅先でもカフェで過ごすひと時を大切にしている。

 

詳細とご注文はこちらから

1 2