info / お知らせ

2020/09/02

【blog】セルビアワイン(Srpsko Vino)について①歴史 を追加しました

krokan.jpg

今年の夏が、いつもと同じ夏であれば8月の終わりから9月のはじめにかけ、セルビアでワインとラキヤの収穫と醸造について学ぶ予定でした。Covid-19の影響により、あいにく「ステイ・ホーム」の夏となりましたが、日本で調べられる限りの情報で学びを重ねていきます。

前記事の、『セルビアのラキヤについて Srpska Rakija』に続き、ここからはセルビアのワイン(Srpsko Vino)についてのまとめです。

 

  セルビアで、レーズンとワインの生産に適したヴィティス・ヴィニフェラ(Vitis vinifera)種のブドウはロザ(Loza)と呼ばれ、それ以外の別のブドウ(グロージャGrožđa)と区別されている。ロザの語源は、スラヴ語の動詞laziti、lestiである。ブドウの樹もヴィノヴァ・ロザ(vinova loza)という名を持ち、Lozaという言葉はワイン用ブドウの樹に厳密に関連付けられている。

 

続きはリンクのブログにて