info / お知らせ

2020/07/17

【web shop】新商品のお知らせ『地図で見るバルカン半島ハンドブック』

【web shop】新商品のお知らせ『地図で見るバルカン半島ハンドブック』

 

「バルカン半島は、ヨーロッパの縮小反転図である」 -いや、まさにヨーロッパそのものである

 

100以上におよぶオリジナルのテーマ別地図によって、終わることのない複雑さをかかえるバルカン半島、モザイク国家、1900年からはじまる移民、宗教、ロシアとのかかわりなどの諸相を、現代のバルカン半島地政学のスペシャリストが描く決定版!

 

「バルカン半島西部はしばしば、かかえこめる以上の歴史を生み出す地域として語られてきた。近年の民族や宗教や国家の対立、極右民族主義的指導者たちの選択によって引き起こされた悲劇を積み重ねてきた重い遺産を、いっきに理解することはできない。くりかえされてきたこのような状況が、本書のふたりの執筆者を動かした。彼らは国民国家形成を特徴づける歴史の一連のシーンそれぞれに位置づけを与えている。社会的にも、共同体にも、政治的アイデンティティにもこだわり、たえず手直しと再構成をくわえながら、マクロ的にもミクロ的にも観察している。(序文「歴史と地理、時間と空間が本書の日本柱である」より ミシェル・フーシェ)

 

著者紹介 :

アマエル・カッタルッツァ Amaël Cattaruzza

パリ第4大学で地理学博士号取得。サン・シール陸軍士官学校准教授。

『L’ex-Yougoslavie dix ans après Dayton(ディトン合意から10年後の旧ユーゴスラヴィア)』(アルマタン社、2005年)『Territoire et nationalisme au Monténégro(モンテネグロの領土とナショナリズム)』(アルマタン社、2010年)、『Atlas des guerres et conflits(戦争と紛争のアトラス)』(オルトマン社、2014年)などの著書がある。

 

ピエール・サンテス Pierre Sintès

地理学教授資格者。エクス・マルセイユ大学の地理学准教授であり、TELEMME(南欧=地中海、時間・空間・言語ワークショップ)に属する研究者でもある。地中海とバルカン諸国の社会を専門に研究。

 

両者は共同で『Géopolitique des conflits (紛争の地政学)』(プレアル社2011年)を出版している

 

ミシェル・フーシェ Michel Foucher

地理学者で外交官もつとめる。コレージェ・デテュード・モンディアルの応用地政学教授。

『L' obsession des frontières(境界の強迫観念)』(ペラン社、2012年)、『Atlas de l'influence de la France au XXIe siècle(21世紀フランスの勢力地図)』(ロベール・羅フォン社2013年)、『Frontieres d'Afrique.  Pour en finir avec un mythe(アフリカの国境、神話にけりをつけるために)』(CNRS出版、2014年)、『L’Arctique :la nouvelle frontière(北極、あらたなフロンティア)』(CNRS出版)など多くの著著がある。

 

太田佐絵子(おおた・さえこ)

早稲田大学第一文学部フランス文学科卒。

 

おもな訳書に、『地図で見る中国ハンドブック』『地図で見るロシアハンドブック』『地図で見るアラブ世界ハンドブック』『フィガロが選ぶパリっ子のためのおシャレにパリを楽しむ100』『パリジェンヌたちのとっておきのパリ』(いずれも原書房)などがある

 

ご注文と詳細はこちらから