info / お知らせ

2020/07/11

【web shop】新商品のお知らせ『終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ 』

IMG_0249.JPG

「当時NATOの空爆反対の発言をヨーロッパですることは、想像を絶するバッシングを受けることを意味した。(中略)事実、ハントケは孤立していた。西側のジャーナリズムから数限りない集中砲火を浴びた。殺人鬼ミロシュビッチの手先などというレッテルを貼られー」(本文より)

報道されることのない3000人の行方不明者コソボ空爆後の六年間を渾身ルポルタージュ!

コソボ空爆後、現地で何が起きていたのか?ノーベル文学賞作家 ペーター・ハントケ(『ベルリン天使の誌』脚本家)との対話を収録!

 

1999年のNATO軍の空爆により、コソボ紛争は公式には「終結」したことになっている。しかし現地では、セルビア系の民間人が3000人規模で行方不明になるなど、空爆前とは違った形で「民族浄化」が続き、住民たちは想像を絶する人権侵害の危機にさらされている。また、空爆による劣化ウラン弾の被害は甚大で、すべての回収には100年を要するという。

本書は、空爆終了後六年間にわたって現地に通い続けた唯一のジャーナリストが、9.11やイラク戦争の開始以降ほとんど報道が途絶えてしまったセルビア・モンテネグロの現状を告発した、渾身のルポルタージュである。

 

「語り部がいなくなっては 人間は幼少時代がなくなってしまう」ー『ベルリン天使の詩』の一部

 

著者紹介 :

木村元彦(きむら・ゆきひこ)

1962年愛知県生まれ。中央大学文学部卒。ノンフィクション・ライター、ビデオ・ジャーナリスト。疾走プロダクションを経てフリーに。アジア・東欧の先住民族問題を中心に、「Number」や「PLAYBOY」などに数多くの記事を寄稿。著書に『誇りードラガン・ストイコビッチの軌跡』『悪者見参ーユーゴスラビアサッカー戦記』など。

 

 

目次等、詳細とご注文はこちらから