info / お知らせ

2020/07/11

【web shop】新商品のお知らせ『新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記 』

【web shop】新商品のお知らせ『新版 悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記 』

「本文にも書いたが、絶対的な悪者は生まれない。絶対的な悪者は作られるのだ。(中略)

東欧の民主化で沸き返ったこの10年はその置かれた立場ゆえにセルビア民族、ひいてはサッカー選手にとって悪夢のデケイドとなった。しかし彼らは決して屈しなかった。前著の『誇り』がストイコビッチの半生を描いたものであるのに対し、本書はバルカンのサッカー人たちの集団劇である (単行本あとがき より)」

 

──2018年新版── 高野秀行氏絶賛!!

「木村元彦氏のユーゴ・サッカー三部作は衝撃的だ。中でも『悪者見参』には驚嘆した」

 

クロアチアの準優勝が世界を驚かせた2018年サッカーW杯ロシア大会。スイス対セルビア戦でコソボ移民の二人が見せた「鷲のポーズ」。さかのぼること20年、1999年のNATOによるユーゴ空爆にその端緒を探ることができる。当時、著者が身の危険を顧みず「世界の悪者」とされた旧ユーゴ紛争地を歩き、直に触れたすべてを綴った貴重な記録。執筆当時から現在までの空白を繫ぐ追章を加えた新版。

 

著者紹介 :

木村元彦(きむら・ゆきひこ)

1962年生まれ。2006年『オシムの言葉』でミズノスポーツライター賞最優秀賞。同書は第52回青少年読書感想文コンクールの課題図書にもなった。著書に『誇り』『蹴る群れ』『終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ』『争うは本意ならねど』(2012年サッカー本大賞)『徳は孤ならず』(2017年広島本大賞)『橋を架ける者たち-在日サッカー選手の群像』などがある。



目次等、詳細とご注文はこちらから