info / お知らせ

2020/06/17

【web shop】新商品のお知らせ『夫婦で行くバルカンの国々』

【web shop】新商品のお知らせ『夫婦で行くバルカンの国々』

クロアチアはじめ、バルカン半島には美しい国がいっぱい。たとえば、香水用バラの産地ブルガリア、中世の伝統が息づくルーマニア、絶景の穴場リゾートのモンテネグロなど。著者夫妻は、効率よく移動するためツアーを利用し、名所巡りの合間にカフェの昼ビールで小休止。ふたりが3回に分けて訪れたマケドニアからギリシアまで計10か国をふりかえる。“夫婦で行く”旅シリーズ第三弾。文庫オリジナル。

 

著者略歴:

清水義範(しみず・よしのり)

1947年10月28日名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。81年『昭和御前試合』でデビュー。88年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。奇抜な発想とユーモアを駆使した小説やエッセイを次々と発表。著作多数

 

目次:

第一章 マケドニア アレクサンドロスの幻影

第ニ章 アルバニア トーチカのある国

第三章 モンテネグロ 黒い山と美しい海岸線

第四章 ボスニア・ヘルツェゴビナ 内戦の記憶はまだ消えず

第五章 セルビア 旧ユーゴの宗主国

第六章 スロベニア 勤勉でヨーロッパ志向の国

第七章 クロアチア 陽気なカトリック国

第八章 ルーマニア 修道院群とドラキュラ

第九章 ブルガリア 大帝国時代もあるバラの国

第十章 ギリシア 文明発祥の地の今

あとがき

解説 森本剛史

ご注文はこちらから