info / お知らせ

2020/06/12

【web shop】新商品のお知らせ『ラング世界童話全集〈1〉みどりいろの童話集』

【web shop】新商品のお知らせ『ラング世界童話全集〈1〉みどりいろの童話集』

アンドリュー・ラングがあつめた世界の妖精物語を定評ある名訳でおくります。『みどりいろの童話集』には「王子とはと」ポルトガル「魔法のナイフ」セルビア「ろばの皮」フランスなど全17編がおさめられています。

 

著者:

アンドリュー・ラング Andrew Lang

(1844年3月31日 - 1912年7月20日)イギリスの詩人、小説家、評論家、民俗学者。民話と妖精物語の収集家としても知られる。セント・アンドルーズ大学には彼の名を冠したアンドルー・ラング講座がある。(Wikipediaより)

 

翻訳者:

川端康成(かわばた・やすなり)

1899年大阪に生まれる。東京大学国文科卒。1961年に文化勲章、1968年にはノーベル文学賞を受賞。1972年没。代表作に『伊豆の踊り子』『雪国』『千羽鶴』などがある。

 

野上彰(のがみ・あきら)

1908年徳島に生まれる。本名藤本登。京都大学法科中退。日本棋院、大地書房各編集局長のほか、火の会、雲の会、ペンクラブ、米国囲碁協会などにくわわり、詩、小説、翻訳、囲碁、将棋、麻雀、競馬とあらゆるジャンルに、奇才ぶりを発揮。1967年没。著書に詩集『前奏曲』など多数。

 

画家:

佐竹美保(さたけ・みほ)

1957年、富山県に生まれる。SF、ファンタジーの分野で多数の作品を手がける。作品に「宝島」「幽霊の恋人たち」「西遊記」「封神演義」「三国志」「虚空の旅人」「蒼路の旅人」「白鳥異伝」「不思議を売る男」ほか多数。

 

目次等、詳細とご注文はこちらから