info / お知らせ

2020/05/23

【web shop】新商品のお知らせ『 バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』

【web shop】『 バルカン―「ヨーロッパの火薬庫」の歴史』入荷のお知らせ

オスマン帝国からユーゴスラヴィア紛争まで

民族間紛争はヨーロッパの過去か?それとも未来か?

いま問い直される、国家とは何か?

 

 

20世紀初頭、「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれた南東ヨーロッパに位置するバルカン半島。東ローマ帝国、オスマン帝国、オーストリア・ハンガリー帝国の支配下で、宗教と民族が複雑に絡み合った歴史をもつ。オスマン帝国時代、住民の多くを占める正教徒たちは平和裡に暮らしていたが、帝国崩壊後彼らは民族意識に目覚め、ギリシャ、セルビア、ブルガリアなどが独立を果たす。だがそれら新興国家に待ち受けていたのは、欧州列強の思惑と果てなき民族対立だった。本書は、いま最も注目されている歴史家M・マゾワーのベストセラーを翻訳。1453年、オスマン帝国によって東ローマ帝国の首都コンスタンティノープルが陥落して以降の歴史をあつかい、ユーゴ紛争とともに20世紀が終わるまでを描く。監修・村田奈々子。

 

著者略歴:

マーク・マゾワー Mark Mazower

1958年イギリス出身。オックスフォード大学卒業後、ジョンズホプキンス大学で修士号、オックスフォード大学で博士号取得。ロンドン大学,サセックス大学で教鞭を振るったのち、現在コロンビア大学教授。邦訳著書『暗黒の大陸――ヨーロッパの20世紀』(未来社、2015年)『国連と帝国』(慶應義塾大学出版会、2015年)『国際協調の先駆者たち』(NTT出版、2015年)

 

井上廣美(いのうえ・ひろみ)

1959年(昭和34年)生まれ。名古屋大学文学部卒業。翻訳家。

訳書『タイタン ロックフェラー帝国を創った男』上下巻(ロン・チャーナウ、日経BP社、2000年)『アレグサンダー・ハミルトン伝 アメリカを近代国家につくり上げた天才政治家』上中下巻(ロン・チャーナウ、日経BP社、2005年)『イスラエル人とは何か ユダヤを含み超える真実』(ドナ・ローゼンタール、徳間書店、2008年)ほか多数

 

目次等詳細とご注文はこちらから