info / お知らせ

2020/05/13

【web shop】新商品のお知らせ『オシム: ゲームという名の人生』

【web shop】『オシム: ゲームという名の人生』入荷のお知らせ

この本の取材を受ける中で、サッカー人生で一番うれしかった時を思い出した。それは14歳の時にジュリェズニチャルのユースに入団が認められ、すべての試合を無料で見られるシーズンチケットをもらったときのことだ。ああ、これで警備員や警察官の監視の目をごまかして観客席にもぐり込む必要がなくなったのだと、自分が世界で一番幸福な少年だと感じたものだ。その当時は自分のプレーより、ジューリョ(ジュリェズニチャルの愛称)の勝ち負けの方に関心があった。プレイヤーというより熱心なサポーターだった。(「ごあいさつー日本語版に寄せて イビツァ・オシム」より)

 

日本と出版事情がまったく異なるボスニアでは、存命中の人物の伝記が出版されることはほとんどありません。この本の出版そのものが、オシムさんがボスニアの人びとから、いかに尊敬を集めているかを示しています。(中略)著者のマルコ・トマシュは詩人で、現在はボスニア南部のモスタル市に住んでいます。少年時代はプロを目指していたほどのサッカー好きで、地元の「ベレジュ・モスタル」がひいきチーム。このチームはじつはオシムさんの古巣「ジュリェズニチャル・サラエボ」(鉄道員という意味)とはライバル関係にあり、そういう角度からの、普通のスポーツ・ライターならばありえない突っ込み方も読んでいて面白い。本業が詩と文芸評論で、スポーツ専門でないことがかえって新鮮な感じす。へー、そんなことがあったのか?という新発見の多い、楽しい翻訳作業でした。(「イビツァ・オシムの伝説-訳者あとがきに代えて 千田善」より)

 

著者紹介 :

トマシュ,マルコ Marko Tomaš

1978年スロベニア生まれ。ボスニア・ヘルツェゴビナの詩人・スポーツジャーナリスト。総合雑誌「コラプス」発起人。詩集を10冊刊行。インターネットマガジン「ジャーナル」で批評活動。「カウチ・セレクトル」のコーナーなどに執筆。父親が転勤族でスロベニア、セルビア、クロアチアなど旧ユーゴスラビアの各地で暮らした経験から、多民族国家についての独特の視点を持つ。サッカークラブ「ベレジュ・モスタル」の大ファン。

 

千田善(ちだ・ぜん)

1958年岩手県生まれ。国際ジャーナリスト、通訳。ベオグラード大学政治学部大学院中退(国際政治専攻)。外務省研修所、一橋大、中央大、放送大学などの講師を歴任。2006年よりサッカー日本代表イビツァ・オシム監督の通訳を務める。2012年より立教大講師。著書に『ユーゴ紛争―多民族・モザイク国家の悲劇』(講談社現代新書)、『ユーゴ紛争はなぜ長期化したか』(勁草書房)、『ワールドカップの世界史』(みすず書房)、『オシムの伝言』(同)、『オシムの戦術』(中央公論新社)など。テレビ朝日系『徹子の部屋』に出演したことがあるのが自慢。

 

目次等、詳細とご注文はこちらから