info / お知らせ

2020/04/26

【web shop】新商品のお知らせ『クリミア発女性専用寝台列車』

【web shop】新商品のお知らせ『クリミア発女性専用寝台列車』

日本に帰化したセルビア人の高橋ブランカさんは頭脳明晰。早口で、理路整然と話される訛りのない日本語そのままの文体は、それでも異文化からの視点、論点を感じさせ、パラレルワールドに迷い込んだような錯覚を感じます。

 

【セルビア文学の新星、満を持しての第二短篇集】

フェミニズムについて、言葉遣いについて、忙しすぎる女性について、ご近所間の気遣いについて……現代女性にとって身近なテーマの核心を掴み取り、豊かな日本語の表現力で淀みなく描き尽くす鮮やかな6篇。

 

著者紹介 :

高橋ブランカ (たかはし ぶらんか)

作家、翻訳家、写真家、舞台女優

1970年旧ユーゴスラヴィア生まれ。1993年ベオグラード大学日本語学科卒業。1995年来日。1998年日本に帰化。1998年~2009年、夫の勤務で在外生活(ベラルーシ、ドイツ、ロシア)。2009年から東京在住。著書「最初の37」(2008年、ロシアで出版)、「月の物語」(2015年、セルビアで出版、クラーリェヴォ作家クラブ賞受賞)、『東京まで、セルビア』(未知谷)。

 

目次等、詳細とご注文はこちらから