food&wine/料理とお酒

【 Srpsko Vino / セルビアのワイン用ブドウ品種】

Prokupac(プロクパッツ)《セルビアの土着品種》

Prokupac(プロクパッツ)《セルビアの土着品種》

【別名】=プロクプリェ(Prokuplje)=カメニチャンカ( Kameničanka)
南部のプロクプリェ(Prokuplje)原産。中世ネマニッチ王国がオスマン帝国に敗れた後も、ジュパ(Župa)に置かれていたラザール公(Lazar)のクルシェヴィツァ(Krševica)の畑で受け継がれ、「教区の王」と称されている。全盛期にはセルビア全土で栽培が行われていたが。絶滅の危機に瀕した当時は、ほとんどがジュパにあり、わずかにスメデレヴォに残されていた。近年はプロクプリェのトプリツァ(Toplica)地区での生産が盛んで、北部のヴォイヴォディナや南部にも広がりをみせている。シラー(Syrah)の別名であるとの意見もみられるが、DNA解析はまだ行われていない。

ワインは淡い色中程度のガーネット色。ブラックチェリーやレッドチェリー、ブラックベリー、プラム、スパイス、ペッパー、タバコ、または森の土の香りが含まれる。また、ハイビスカスの花の香りがすることもある。濃色のロゼが主流であったが、近年は単一品種での赤ワインの生産や、ボルドー・タイプなどの国際品種とのブレンドなど、熟成による効果など、品種の可能性をさぐる動きがみられる。

【主な産地】
ポツェリナ・ヴァリェヴォクニャジェヴァッツネゴティン渓谷シュマディヤトプリカ川流域トリモラヴェベオグラードムラヴァ川流域ニーシュニシャヴァ川流域レスコヴァツチャチャク・クラリェヴォコソヴォ