food menu

Hladna Predjlela / 冷菜

Ajvar / ローストパプリカのスプレッド

"アイヴァル"はセルビアの食卓には欠かせないパプリカペースト。クラッカーに載せてオードヴルによし、パンに塗って、肉に卵に魚介に添えて、パスタに混ぜて、何にでもあうスーパースター。ヨーロッパでは「セルビアの”畑のキャビア”」とも言われているそうです。

味噌のように各家庭で保存食としてつくられていたそうですが、近年ではスーパーで瓶詰が手軽に入手できるようになり、都市部ではあまり作られなくなったそうです。


Pecene paprike / ローストパプリカのマリネ

ペチェネパプリケはロースとパプリカのマリネ。これぞセルビア!というひと皿です。

丸ごと焼いたパプリカの皮をむき、ニンニク風味のドレッシングでマリネしただけの料理ですが、とろりとなめらかな舌触りは、まるでトロのよう。

日本ではサラダの彩りに使われることが多く、そのものをしっかり味わうことの少ないパプリカの旨味を堪能できます。

Serbian Nightでは、写真のセルビアと同じ先が尖った種類を契約農家さんに栽培してただいており、8-10月の旬の時期にお出ししています。

Turšija / ピクルス

日本の輸入食材店で手にするアメリカや西欧のピクルスと、中東からバルカン半島にかけて食べられる”トゥーシャ”とは少し風味が異なります。バルカンレシピは酢漬けというよりも塩漬け。ニンニクやホールスパイス、ハーブと一緒にカリフラワーやニンジン、セロリを漬け込みます。ディルの甘い香りがアクセント。

Tzatziki Salad / ギリシャのヨーグルトとニンニクのディップ

トルコ発祥のヨーグルトにニンニク、キュウリなどを加えた前菜”ジャージュク”は、バルカン地域でも好んで食されます。

ギリシャではザジキと呼ばれ、胡瓜をすりおろして水気を切り、ディルを入れるのが特徴。

ヨーグルトの水分も少なめで、それぞれの国の美妙な違いが興味深い料理です。

Tarator Salata / セルビアのヨーグルトとニンニクのディップ

トルコ発祥のヨーグルトにニンニク、キュウリなどを加えた前菜”ジャージュク”は、バルカン地域でも好んで食されます。

ギリシャではディルを入れるのが特徴。セルビアでは”タラトル”と呼ばれ、刻んだ胡桃が入ります。

そのほかにもヨーグルトの種類や水分量に美妙な違いが興味深い料理ですが、さっぱりとした副菜として肉にあわせるのもお勧めです。

1