food&wine/料理とお酒

【Srpsko Vino / セルビアの PDO / PGIの地理的表示(oznake geografskog porekla)】

スボティツァ地方(SUBOTIČKI REJON)

ハンガリーとの国境沿いのスボティツァ・ホルゴス(Subotica-Horgos)地方は、先史時代のパンノニア海が残した砂地が広がっている。生産地域は、東部と西部のそれぞれ別の地区で構成され、最大の生産地域はパリッツ地区である。フィロキセラの流行がヨーロッパのブドウ畑の多くを破壊した時期に、この地域は被害を免れ、現在も古代の品種が栽培されている。

57.リディツァ(Riđica)地区

58.パリッツ(Palic)地区

59.ホルゴス(Horgos)地区

【主な栽培品種】

(白ブドウ)イタリアンリースリングライン・リースリングピノ・ブランピノ・グリシャルドネソーヴィニョン・ブランスレムスカ・ゼレニカ、バカトール(Bakator)マンゾーニ・ビアンコ(Manzoni Bianco)、メデナッツ・ベリ(Medenac Beli)/(黒ブドウ)カダルカディンカカベルネ・ソーヴィニョンメルローピノ・ノワールフランコヴカ

【原産地呼称】

ベズダンのダマスク織(Bezdanski damast)