food&wine/料理とお酒

Pita / パイ

Baklava(バクラヴァ)/胡桃パイのシロップ漬け

イスラム教徒はアルコールを飲ず、料理に砂糖を使わないため、トルコ発祥のお菓子には、あまいシロップをしっとり浸み込ませたものが多くあります。カロリーを想像しながら「こわいこわい」と言いながらつまむのも醍醐味のうちですが、シロップに加えたレモンの魔法で、どんどんいけてしまう危険もはらみます。バクラバ(bakalava)は、ラトルク(Ratluk)と並び、禁断のお茶請け菓子のひとつです。



材料:冷凍パートフィロ6-7枚(およそ160g)、クルミ(みじん切り)150g、植物油70ml、砂糖100g、レモン果汁大さじ2、水150ml、バニラエッセンス

パートフィロを前日に冷蔵庫に移し、解凍しておく。オーブンを180℃に予熱する。四角い型にハケで油を塗る。フィロを型の大きさにあわせて切る。型に3枚のフィロを敷き、油を塗り、クルミを大さじ1〜2量広げる。すべてのシートが使用されるまでそれを繰り返す。最後のシートの上に油を塗る。よく切れるナイフで4cm角の正方形にバクラバをカットする。オーブンに入れ、表面に焼き色がつくまで約40分間加熱する。その間にシロップを調理する。鍋に水と砂糖を入れて沸騰させ、レモン果汁を追加する。バニラエッセンス小さじ1杯を加えて冷ます。バクラバが焼きあがったら冷たいシロップ(または冷たいバクラバに熱いシロップ)を注ぎ、完全に吸わせる。
※パートフィロは春巻きの皮も代用できますが、その場合は味があまりついていないものを選んでくださいね。