food menu / 料理

Kuvana Jela / 温かい料理

Pileći đuveč(ピレチ・ジュヴェチ) / 鶏肉の土鍋焼き

20180926_09.JPG

トルコからバルカン半島にかけて多く用いられる素焼きの鍋をセルビア/クロアチア語で「ジュヴェチ」といい、その鍋で作られる料理も同じ名前で呼ばれています。

材料には鶏や豚、羊、牛、ときには魚も用いられ、はじめて習ったセルビア料理が、この鶏肉の「ジュヴェチ」。

スープをとったあとの丸鶏をむしって骨と肉に分け、その肉を野菜といっしょに炒め煮してからオーブンで焼くという調理法は目からウロコが落ち続け、この国の料理をもっと知りたいと好奇心をつのらせるに余りある経験でした。

セルビア/クロアチア語の入門書に出てくる料理も鶏肉と野菜、米を使った料理。チキンと炒めたパプリカ、タマネギの味がやさしい、初心忘るべからずの味です。

 

レシピ:

鶏肉、タマネギ、パプリカ、トマト、パスタ、オリーブオイル、ヴェゲタ、スイートパプリカ、塩胡椒

パスタを茹でておく。鶏肉をひと口大に切る。野菜を粗みじんに切っておく。

鍋に油をしきタマネギが黄金色になるまで炒める。パプリカを加えてさらに炒める。タマネギとパプリカが柔らかくなったら、鶏肉を加え、様子をみながら水分を少しづつ加えて煮込む。肉に火が通ったらトマト、調味料を加える。トマトに火が通ったらパスタを加え、さらに5分煮て土鍋に移す。200℃に予熱したオーブンで表面に焼き色がつくまで20分焼く。

※パスタはお好みのもので。麺を使う場合は短く切っておく。鶏肉は数種類の部位を混ぜ、骨付きのものも使うと出汁が出て美味しい。