food&wine/料理とお酒

Glavna Jela / 炭火焼きなど

Ćevapčići(チェヴァプチチ) or Ćevapi(チェヴァピ) / 肉団子のグリル

トルコ料理のキョフテ(köfte)は、キョフテは、トルコ人のルーツであるタタール人のタルタル(タタール)ステーキがその起源ということです。トルコで「ケバブ」は一般に「焼き肉」指しますが、旧ユーゴスラヴィア地域では、キョフテの基本である、網焼きのウズガラ・キョフテ(Izgara köfte)を”チェヴァピ”または”チェヴァプチッチ”と呼び、タマネギの輪切りや、みじん切りを添えてパンに挟んだものがストリートフードとして人気です。例えていえば、お隣の大国で発祥の餃子が日本で愛されているようなイメージでしょうか。

レシピは地方や宗教、家庭によりさまざまで、イスラム教徒は牛100%、北部の平原地帯では牛・豚の合挽き、山がちの南西部では羊が多く使われます。個々違いを、食べて比べてみるのも楽しみのひとつ。セルビアンナイトでは、牛と豚の合挽肉をスパイシーに仕上げています。

 

材料:合挽き肉630g(豚6:牛4)、ニンニク2片、卵白1/2個、重曹、塩、カイエンペッパー、胡椒、各小さじ1/2、パプリカパウダー小さじ1/4

材料をすべて合わせ、よく捏ねる。指ほどの大きさに成形したら、ひと晩寝かせる。翌日、真ん中にピンク色を残さないようしっかり焼く。

※肉そのものを味わう料理なので、挽き肉は赤身の多いものを。中心までしっかり火を通し、食中毒に気をつけてくださいね。