food menu / 料理

Kuvana Jela / 温かい料理

Pasulj prebranac sa kobasicama(パスリ・プレブラナッツ・サ・コバシカマ) / ソーセージ入りベイクドビーンズ

20161201_01.JPG

Pasulj Prebranac(パスリ・プレブラナッツ)にソーセージを載せたPasulj prebranac sa kobasicama(パスリ・プレブラナッツ・サ・コバシッツァマ)です。

豆が主役のベイクドビーンズは、クリスマスイブやイースター前の肉や卵、乳製品、油分の多い食事が禁じられいる時期のメインディッシュですが、それ以外の時期ではソーセージを載せて供されることも多くあります。

タマネギとパプリカの旨味をたっぷり含んだ豆に、ソーセージの脂が絡まって、うまうま😂あっという間にお客様のお腹におさまってしまうため、写真がほとんど残っていない人気メニューです🤣

 

レシピ:

ソーセージ、白豆(品種はお好みで)、パプリカ、タマネギ、唐辛子、油、ヴェゲタ、塩胡椒

豆をひと晩水につけて柔らかくする。タマネギ、パプリカ、唐辛子をみじん切りにする。

豆をザルにあげ、鍋で15分ほど冷水からゆでる。水をかえて柔らかくなるまで煮る。別の鍋にたっぷり油をひき、唐辛子、パプリカ、タマネギを、タマネギが透明になるまで炒め、調味料を加えてさらに炒める。やわらかくなった豆をザルにあげ、ゆで汁はとっておく。土鍋に豆の半量、タマネギの半量、残りの豆、残りのタマネギを重ね入れ、ソーセージを載せる。具材がひたひたになるよう、豆のゆで汁を注ぐ。220℃のオーブンで20分焼き、180℃に下げて表面に漕げ色がつくまで焼く。

 

※豆の缶詰を使うと時短になります。乾物を使う場合は、ゆで時間が長くなりますが大粒がお勧めです。ネギは半量を長ネギにすると味に複雑みが増します。

タマネギを炒める油は多いほうがよい。熱いままでも、冷めてからも美味しい。