food&wine/料理とお酒

Salate / サラダ

Šopska salata(ショプスカ・サラータ) / ショプ地方のサラダ

"ショプスカ・サラータ"はブルガリア、セルビア、マケドニアにまたがり、山岳牧畜民の多く居住するショプ地方を名前の由来とし、「羊飼いのサラダ」というニュアンスも含みます。セルビア/クロアチア語で「 ショプ地方のサラダ」という意味です。

1960年代にブルガリアの旅行キャンペーンのために考案されたレシピがバルカン半島全域ひ広まったサラダで、地域やシチュエーションにより、レシピに若干の差がみられますが、角切りにした野菜(キュウリ、トマト、タマネギ)にシレネという、山羊や羊のチーズをたっぷりと振りかけるのが特徴です。コツはおおらかに作ること。タマネギやキュウリを水にさらさない、トマトの種のまわりのぬめりを残す。野菜の持つ汁気が、ドレッシングにセルビアらしい風味を与えます

 

材料(8人分):パプリカ2個、タカノツメ1本、タマネギ1個、キュウリ2本、トマト4個、Fetaチーズ150g、ドレッシング(ひまわり油 大さじ3、ワインビネガー大さじ1.5、塩、胡椒)

角切り野菜をドレッシングで和えて、Fetaチーズ(またはカッテージチーズ)をのせる。食べるときにかき混ぜる。