food&wine/料理とお酒

Poslastice / スイーツ

Potica / ポティツァ

"ポティツァ"は、1991年にユーゴスラビア連邦から独立したスロベニア共和国で、クリスマスやイースター、親族の祝いの席などにつきものの伝統菓子です。胡桃とハチミツでつくられたフィリングを生地で巻き込んだ"povitica" あるいは"potica"という名の菓子が記された17世紀の文献もあるそうです。名前の由来となった菓子型はイエス・キリストの冠を象っており(右の写真はクグロフ型を使用)、正式なポティツァ型は底が平らです。

20160922_123119626.jpg

材料:(Φ19cmクグロフ型)

生地)薄力粉300g、ドライイースト7g、牛乳120ml、砂糖75g、無塩バター50g、卵黄2個分、レモンの皮(すりおろす)、バニラエッセンス

フィリング)胡桃(挽いておく)200g、牛乳(温める)50ml、はちみつ大さじ1強、ラム酒小さじ1と1/2、卵白1個分

無塩バター:20g(型に塗る用)/粉糖:適量(飾り用)

作り方:

①生地用材料のなかから小麦粉小さじ1、砂糖小さじ1、ドライイースト、牛乳大さじ2-3杯をあわせて15分ほど予備発酵させておく。型の内側にバターを塗っておく。②胡桃に牛乳とラム酒、はちみつを加えてよく混ぜる。別のボウルで卵白を泡立て、ピンと角が立つように堅く泡立ったら、ゆっくりと胡桃のペーストを加えてなめらかなフィリングにする。③大きめのボウルに生地用の材料を入れ、①をあわせてなめらかになるまでよくあわせる。④分量外の打ち粉をした台の上に生地を長方形に広げ(長い辺が型の円周になるように)、フィリングを重ねて太巻きのように巻く。輪になるようにクグロフ型におさめ入れてラップをし、縁いっぱいに膨らむまで60分程発酵させる。⑤180℃に予熱したオーブンで60分焼く。焼きあがったら型から出してひっくり返し、布をかけて冷ます。⑥室温になったら粉糖をふりかけて飾る。