food menu / 料理

Supe i Čorbe / スープ

Riblja čorba / ドナウ川のフィッシュ・スープ

20170719_02.JPG

セルビアのスープには、しゃばしゃばの”ズッパ”、具だくさんの”チョールバ”の2種類があります。このピリ辛スープはセルビア語で「魚のスープ」という意味で”チョルバ”のほう。

山国のセルビアではありますが、ヨーロッパ10か国を東西に横切るドナウ川の川幅が一番広くなる地域。毎年レシピコンテストも行われるこのメニューは、川魚料理の代表的メニューのひとつです。

使う魚の種類は「なんでもいい」けれど、「1種類だけではなくできれば3種類以上混ぜて、アラを入れたほうが美味しいよ」とのこと。とはいえ、島国の日本では手に入れられる川魚の種類は限られます。試行錯誤の結果、白身のいわゆる「高級魚」よりも青魚のほうがハーブとの相性は良いようです。その時々で手に入る青魚の出汁を生かして仕込んでいます。

レシピ:
青魚(できればアラを含み3種類以上)
タマネギ、ニンジン、ニンニク、トマト(缶詰でも可)、ローリエ、パセリ
パプリカパウダー、チリパウダー、ヴェゲタ、ワインビネガー、白ワイン、植物油

魚を丸ごと水から20分ほど茹でて出汁をとる。
水からあげた魚の身を手でほぐしとる。
野菜をみじん切りにする。
鍋に油をひき、透明になるまでタマネギを炒め、ニンジン、ニンニク、ローリエを加えてさらに炒める。
鍋に魚の出汁を加えて沸かし、トマトと白ワイン以外の調味料を加えて味をえて煮込む。
材料が柔らかくなったら、ほぐした魚の身と白ワインを加え味を調える。火を止めてパセリを散らす。