food menu / 料理

Hleb / パン

Srpska proja / セルビアのコーンブレッド

2015-05-30 04.JPG

日本では米が育たない地域でそば粉を栽培していたように、セルビアでは小麦の代用としてトウモロコシを育て、コーンブレッドは貧しい人の食べものとされていたそうです。

それもいまは昔。"プロヤ"と呼ばれるコーンブレッドは、現在では特別な友人に配るものと位置づけられる、セルビアの代表的な郷土料理です。

2018年1月に安倍首相がセルビアを初訪問した際の晩餐会でもメニューに供されたという逸話も。

形からは甘いお菓子を想像しますが、とうもろこしの粉と強力粉、卵、牛乳と植物油にチーズ入りのしっかり塩味。お酒にもあうね、と必ず言われる人気者です。

 

レシピ:

Fetaチーズ150g、卵3個、牛乳320ml、植物油240ml、強力粉140g、コーンフラワー180g、ベーキングパウダー大さじ1

 

粉類をあわせてふるう。

卵を卵黄と卵白に分け、卵白を角が立つまで泡立てる。

別のボウルに卵黄を入れ、Fetaチーズをほぐしながら混ぜる。(すこしチーズの塊が残っていたほうが美味しい)

卵黄のボウルに油と牛乳、粉をかき混ぜながら加えて「たね」をつくる。

均等に混ざったら「たね」と卵白の泡をつぶさぬよう、さっくりあわせる。

オーブンを220℃に余熱する。マフィン型に紙製のカップを入れ、たねを8分目まで流しいれる。様子をみながら20分程度焼く。

※レシピの油の分量にビビりますが、少ないとパサパサになるので、守ってね。